羽毛布団で心地よい睡眠のTOPに戻る

羽毛布団の ダウンの種類

羽毛布団に使われるダウンは様々な種類がありますが、特にポーランドが有名です。

またほかにも、いずれも、北極地方・ハンガリー・ドイツ・カナダ・シベリアといった、鳥が生き延びるためにより暖かな羽を必要とする極寒の地に棲む鳥から採取されたものが良いとされています。

「ポーリッシュ・ホワイトマザーグースダウン」というポーランド産のダウンは、産卵直後の親鳥からのみ採取することのできる世界最高のダウンです。

長い毛足とダウンボールの大きさは群を抜き、保温性の高さも際立っていますが、採取量が少ないので希少価値になっているダウンだそうです。

「ハンガリアン・ホワイトグースダウン」は、弾力性、保湿性に富んだハンガリー産ダウンで、ポーリッシュ・ホワイトマザーグースダウンまではいかないものの、ダウンボールの大きさが特徴とされています。

「アイダーダウン」は「羽毛の宝石」とまでいわれているのですが、アイスランド・グリーンランド地方に棲む、国際保護鳥のアイダーダックから採れます。

羽毛布団の原毛に使われるダウンの中で最も優れていると言われています。

この「アイダーダウン」は、当然国際保護鳥ですから、捕まえるわけにはいかないので、採取専門の職人が、海岸の断崖絶壁に作られた巣立ち後の巣に残された羽を採取することで手に入れているそうです。

採取量は1年で2,000キロ、羽毛布団の枚数にすると、全世界をあわせても1年で2,000枚分と少なく、貴重な羽になっています。

手の平に乗せても全く重さを感じないアイダーダックのダウンで作られた羽毛布団の暖かさと快適さは、一度使ったら忘れられないほどといわれているのですが・・・・。










関連コンテンツ

羽毛布団の縫製加工

縫製方法が羽毛布団の保温性や、使用感に関わってくると言えます。 羽毛と側生地の特性をうまく活かす為で、側生地の素材や密度、柄にもチェックするポイントがあります。 海外で生産されたものには、布団・・・

羽毛布団を選ぶのはダウン率

羽毛布団を選ぶ目安がは布団のかさ高の他に、やはり、注目するのは価格という人が多く、羽毛布団は高ければ高いほど良いと考えがちのようです。 しかし、実は羽毛布団を選ぶのは、かさ高以外に中身の羽毛に注・・・

羽毛布団と羽根布団の違い

羽毛布団に使用されるダックやグースなどの水鳥の羽には「ダウン」と呼ばれる羽毛と、「フェザー」と呼ばれる羽根の2種類があります。 羽毛は水鳥の胸元に生えているもので、タンポポに似た形をしており、綿・・・

羽毛布団の側生地も大切

羽毛布団は中身に使われる羽毛に関心がいくのも大切で、当然ですが、直接肌に触れる側生地に使われる布も羽毛布団にとっては大事な要素です。 羽毛布団に使われる側生地の素材には色々な種類があり、それぞれ・・・

羽毛布団のダックとグース

羽毛布団に使われるダックとグースについては、グース(ガチョウ)はダック(あひる)に較べて体が大きいので、ダウンボールが大きくて、ダウンボール1個あたりの毛の本数も多くなり、保温性に優れていることになり・・・