羽毛布団で心地よい睡眠のTOPに戻る
「羽毛布団で心地よい睡眠」トップ >  羽毛布団の種類 > 羽毛布団を選ぶのはダウン率

羽毛布団を選ぶのはダウン率

羽毛布団を選ぶ目安がは布団のかさ高の他に、やはり、注目するのは価格という人が多く、羽毛布団は高ければ高いほど良いと考えがちのようです。

しかし、実は羽毛布団を選ぶのは、かさ高以外に中身の羽毛に注目することです。

羽毛(ダウン)には、ガチョウの羽根の「グース」とアヒルの羽根の「ダック」があります。
「グース」は羽根が大きいのでかさ高が大きく、匂いは控えめです。
「ダック」は羽根が小さい分、かさ高が小さい上に匂いがきついのが特徴です。

かさ高が大きく、匂いは控えめと言えば、まずはグースを選択する方が良いと言えますが、その分羽毛布団の価格は高くなり、場合によってはグースとダックの金額の差は1.5倍にもなります。

また、匂いもグースの方が控えめで緩和する加工もされやすいのですが、ダックの匂いは強いので、やはり気になる方も多いようです。

ダウンは、「マザーグース」と呼ばれる物が特上品です。それに対して逆に「マザーダック」と呼ばれる羽毛は質が悪くなりますので要注意です。

次に気になるのはダウン率です。
例えばドイツでは100%と謳われている羽毛布団が多いのですが、実際に100%のダウン率はあり得ないと考えるのが普通です。

日本の羽毛布団を作る際の基準は非常に厳しく、どれだけキレイにしたとしても、ダウン率は95%〜93%程で、残りはフェザーになります。

ダウン使用率が50%以上でないと羽毛布団と呼ぶことができません。フェザーが多い布団は、寝返りの際にかさかさと音がなり、掛け心地もあまり良いとは言えません。
羽毛布団の選択はダウン率が高いものということになります。










関連コンテンツ

羽毛布団の縫製加工

縫製方法が羽毛布団の保温性や、使用感に関わってくると言えます。 羽毛と側生地の特性をうまく活かす為で、側生地の素材や密度、柄にもチェックするポイントがあります。 海外で生産されたものには、布団・・・

羽毛布団と羽根布団の違い

羽毛布団に使用されるダックやグースなどの水鳥の羽には「ダウン」と呼ばれる羽毛と、「フェザー」と呼ばれる羽根の2種類があります。 羽毛は水鳥の胸元に生えているもので、タンポポに似た形をしており、綿・・・

羽毛布団の側生地も大切

羽毛布団は中身に使われる羽毛に関心がいくのも大切で、当然ですが、直接肌に触れる側生地に使われる布も羽毛布団にとっては大事な要素です。 羽毛布団に使われる側生地の素材には色々な種類があり、それぞれ・・・

羽毛布団のダックとグース

羽毛布団に使われるダックとグースについては、グース(ガチョウ)はダック(あひる)に較べて体が大きいので、ダウンボールが大きくて、ダウンボール1個あたりの毛の本数も多くなり、保温性に優れていることになり・・・

羽毛布団の ダウンの種類

羽毛布団に使われるダウンは様々な種類がありますが、特にポーランドが有名です。 またほかにも、いずれも、北極地方・ハンガリー・ドイツ・カナダ・シベリアといった、鳥が生き延びるためにより暖かな羽を必・・・