羽毛布団で心地よい睡眠のTOPに戻る

羽毛布団の縫製加工

縫製方法が羽毛布団の保温性や、使用感に関わってくると言えます。
羽毛と側生地の特性をうまく活かす為で、側生地の素材や密度、柄にもチェックするポイントがあります。

海外で生産されたものには、布団の一部を少しずつ止めたものが見受けられ、布団は、長く使っているうちに中の羽毛が動いて片寄ってしまいます。
そのような布団は、叩いてその偏りを戻さなければならず、面倒な作業となります。

理由は、わざと中の羽毛を移動させることにより、気候に合わせた使用感を得る為ですが、寒暖の差が大きい日本ではあまり適しません。

日本に適した縫製加工は「立体キルティング加工」といい、小さなマス目ひとつひとつを立体的に縫製したものになります。このような縫製の羽毛が片寄らず空気も含みますので、保温性も保たれます。

そして、羽毛布団の種類も選択ポイントのひとつになってきます。
ツインキルト加工と呼ばれるものは、表生地と裏生地の間にもう一枚布を入れ、上下に二層にすることにより、空気をさらに含み暖かさを増したものです。

掛け布団と肌掛け布団を合体させたような仕組みになりますので、2倍暖かいことになります。
「オールシーズン二枚重ね羽毛布団」は、合いの掛け布団と肌掛布とをホックで止めて使用するもので、最近注目されています。

それぞれ単品でも使え、合いの掛け布団は春や秋に、肌掛け布団は夏に使えます。

そして、冬にも、この二枚をホックで留めて合体させれば、ツインキルト加工の様により空気を含んで暖かく使用することができる便利な布団です。

収納もスペースをあまり取らずに済みますから、今の日本の環境に合った加工と言えます。










関連コンテンツ

羽毛布団を選ぶのはダウン率

羽毛布団を選ぶ目安がは布団のかさ高の他に、やはり、注目するのは価格という人が多く、羽毛布団は高ければ高いほど良いと考えがちのようです。 しかし、実は羽毛布団を選ぶのは、かさ高以外に中身の羽毛に注・・・

羽毛布団と羽根布団の違い

羽毛布団に使用されるダックやグースなどの水鳥の羽には「ダウン」と呼ばれる羽毛と、「フェザー」と呼ばれる羽根の2種類があります。 羽毛は水鳥の胸元に生えているもので、タンポポに似た形をしており、綿・・・

羽毛布団の側生地も大切

羽毛布団は中身に使われる羽毛に関心がいくのも大切で、当然ですが、直接肌に触れる側生地に使われる布も羽毛布団にとっては大事な要素です。 羽毛布団に使われる側生地の素材には色々な種類があり、それぞれ・・・

羽毛布団のダックとグース

羽毛布団に使われるダックとグースについては、グース(ガチョウ)はダック(あひる)に較べて体が大きいので、ダウンボールが大きくて、ダウンボール1個あたりの毛の本数も多くなり、保温性に優れていることになり・・・

羽毛布団の ダウンの種類

羽毛布団に使われるダウンは様々な種類がありますが、特にポーランドが有名です。 またほかにも、いずれも、北極地方・ハンガリー・ドイツ・カナダ・シベリアといった、鳥が生き延びるためにより暖かな羽を必・・・