羽毛布団で心地よい睡眠のTOPに戻る

羽毛布団を干すとき

羽毛布団の扱い方で一番気になる点は、羽毛布団の手入れをどうするかということでしょう。

まず、干し方では普通の布団を干す場合はベランダに朝のうちに干し、夕方取り込むことで大丈夫ですが、羽毛布団の扱い方は、日陰で乾燥したところに3時間程度、午前10時〜午後3時の間に干すと良いとされています。

途中で裏表を返すと干す効果が有るので、実質片面1時間半〜2時間ということになります。

しかし、通常「ベランダ以外に布団を干せる場所がない」という家庭も多く、その場合には、羽毛布団にカバーを掛けた状態で風に飛ばされないように干すと良いようです。

ベランダでカバーを掛けて直射日光にあてないように干すと羽毛の劣化を和らげることができ、さらには側生地も焼けにくくなり、長持ちさせることができます。

特に側生地がシルクの場合は、長時間日光にあてると黄ばんでしまうので、カバーは掛けておくことを必要です。

また、この際、特に気をつけることが「布団を叩かない」ことが強調されています。
布団を叩かない理由は、叩くことでダウンボール(球状の羽毛)が割れてしまい、布団の寿命が低下してしまいます。
今は余り見かけないのですが、長持ちさせるためには真夏に瓦屋根の上で干すことも避けるのが良いようです。

これも、屋根瓦が熱くなってしまうために羽毛が割れやすくなり、保温力の低下につながります。

羽毛布団の扱い方は、色々と面倒が多いように感じますが、普段は窓を開け、風を通して乾燥させるだけで良く、実際に干すのは月に1〜2度とされています。

長持ちさせる為にも、干す時は特に丁寧に扱うのがいいですね。










関連コンテンツ

羽毛布団のトラブル解消

羽毛布団でも、長年の使用によって、何かしらの不具合が起きてくるようです。 長年、使用しているうちに、羽毛が片寄ってしまい、薄くなることがあります。このようなトラブルは、布団の表面を軽く叩いてなら・・・

羽毛布団の再生と丸洗い

羽毛布団の扱い方では、何度も丸洗いをしましょうと書いてありますが、羽毛布団の再生からすると、丸洗いだけでは再生しないと考えるのが普通です。 ただ、使い始めてから、3年に1度くらいの頻度でする丸洗・・・

羽毛布団の再生

長く使ってきた羽毛布団の再生には、「リペア方式」と「リフォーム方式」があり、二つの方式には大きな違いがあります。 リペア方式は、側生地を裂いて中身を取り出し、新しい側生地に入れ直すことです。 ・・・

羽毛布団には手入れが大切

羽毛布団は特に手入れが大切な寝具ですが、手入れをきちんとしていれば、長年愛用することができます。 羽毛布団の手入れといってもはそれほど、難しいことではありません。 羽毛布団は軽く暖かで、適度に柔ら・・・

羽毛布団を使う時のポイント

羽毛布団を上手に使えば長持ちして、何時までも気持ちよく使うことができます。 羽毛布団を使う時のひとつめのポイントは、必ず布団カバーを掛けます。布団カバーを掛けると、生地の汚れや摩擦による劣化から布団・・・

羽毛布団は和室・洋室共使用が可能

羽毛布団は保温性、吸湿性に富み、オールシーズン使えることで、羽毛布団の購入を考える人が多いと言われています。 ところが、和室しかない家での生活で、ベッドでなく、直接畳に羽毛布団を敷いて寝ることに・・・