羽毛布団で心地よい睡眠のTOPに戻る

羽毛布団には手入れが大切

羽毛布団は特に手入れが大切な寝具ですが、手入れをきちんとしていれば、長年愛用することができます。
羽毛布団の手入れといってもはそれほど、難しいことではありません。
羽毛布団は軽く暖かで、適度に柔らかい重さで心地よい眠りをもたらしてくれます。

羽毛布団に手入れが欠かせない理由があると言ってもうなずけるはずです。

羽毛布団の手入れは、まず眠っている間にかく「汗」に対しての手入れになります。人間は睡眠中にコップ一杯(200cc)程度の汗をかくようです。
こまめにカバーの交換をしていても、汗や汚れはじわじわと側生地を通り、中の羽毛まで浸食してしまいます。

そうなると、羽毛はその汗や汚れを吸い取り、かさ高が減ってしまいます。そうなる前に、一度布団を丸洗いが必要です。

3年程使用したら、丸洗いすれば大抵は元に戻ります。
もし「かさ高」が変わっていないようであれば、4年、5年後でも大丈夫とされています。

丸洗いをした後、またかさ高が減ってきたら、次はリフォームに出します。リフォームして3年ほどしたら、またかさ高が減ってくるので丸洗いをする、という感じでローテーションすれば、羽毛布団は長持ちします。

大体3年に1度位の割合で丸洗いを行えば、清潔に保つ為にも、また羽毛を長持ちさせる為にも良いとされています。










関連コンテンツ

羽毛布団のトラブル解消

羽毛布団でも、長年の使用によって、何かしらの不具合が起きてくるようです。 長年、使用しているうちに、羽毛が片寄ってしまい、薄くなることがあります。このようなトラブルは、布団の表面を軽く叩いてなら・・・

羽毛布団の再生と丸洗い

羽毛布団の扱い方では、何度も丸洗いをしましょうと書いてありますが、羽毛布団の再生からすると、丸洗いだけでは再生しないと考えるのが普通です。 ただ、使い始めてから、3年に1度くらいの頻度でする丸洗・・・

羽毛布団の再生

長く使ってきた羽毛布団の再生には、「リペア方式」と「リフォーム方式」があり、二つの方式には大きな違いがあります。 リペア方式は、側生地を裂いて中身を取り出し、新しい側生地に入れ直すことです。 ・・・

羽毛布団を使う時のポイント

羽毛布団を上手に使えば長持ちして、何時までも気持ちよく使うことができます。 羽毛布団を使う時のひとつめのポイントは、必ず布団カバーを掛けます。布団カバーを掛けると、生地の汚れや摩擦による劣化から布団・・・

羽毛布団を干すとき

羽毛布団の扱い方で一番気になる点は、羽毛布団の手入れをどうするかということでしょう。 まず、干し方では普通の布団を干す場合はベランダに朝のうちに干し、夕方取り込むことで大丈夫ですが、羽毛布団の扱・・・

羽毛布団は和室・洋室共使用が可能

羽毛布団は保温性、吸湿性に富み、オールシーズン使えることで、羽毛布団の購入を考える人が多いと言われています。 ところが、和室しかない家での生活で、ベッドでなく、直接畳に羽毛布団を敷いて寝ることに・・・