羽毛布団で心地よい睡眠のTOPに戻る

羽毛布団の再生

長く使ってきた羽毛布団の再生には、「リペア方式」と「リフォーム方式」があり、二つの方式には大きな違いがあります。

リペア方式は、側生地を裂いて中身を取り出し、新しい側生地に入れ直すことです。

リフォーム方式は、まず洗浄、乾燥を行って中身の羽毛をキレイにすることから始まりますから、リペア方式よりは手間が掛ります。

極端に安く羽毛布団の再生を謳う業者は、このリペア方式を取り入れていると考えられます。

まだまだ新しい羽毛布団の場合は、側生地だけの交換だけでもよく、このリペア方法でも充分です。

しかし、通常の羽毛布団の再生はリフォーム方式で、洗浄と乾燥を行った後に、側生地を裂いて中身を取り出します。
そして、ダウンボールの壊れた羽毛や汚れがひどい物は取り除き、その分、新しい羽毛を足しますが、足す量は大体300グラム位になることが多いようです。

その後、羽毛を再度洗浄し、側生地の中に入れ、最後に投入口を縫製し、検品すれば羽毛布団の再生の完了です。

羽毛布団のリフォーム方式、リペア方式を正しく導入している店には、日本羽毛製品協同組合が工場認定制度で審査の上、「リフォームラベル」「リペアラベル」を発行しています。

羽毛布団のリフォーム方式には、例えば最新式の洗浄マシンを使って水だけで洗浄する、オゾン殺菌脱臭をする等といった、独自の方法を取り入れてる業者もあります。

羽毛布団の再生には内容をよく確かめて、依頼することでしょうね。










関連コンテンツ

羽毛布団のトラブル解消

羽毛布団でも、長年の使用によって、何かしらの不具合が起きてくるようです。 長年、使用しているうちに、羽毛が片寄ってしまい、薄くなることがあります。このようなトラブルは、布団の表面を軽く叩いてなら・・・

羽毛布団の再生と丸洗い

羽毛布団の扱い方では、何度も丸洗いをしましょうと書いてありますが、羽毛布団の再生からすると、丸洗いだけでは再生しないと考えるのが普通です。 ただ、使い始めてから、3年に1度くらいの頻度でする丸洗・・・

羽毛布団には手入れが大切

羽毛布団は特に手入れが大切な寝具ですが、手入れをきちんとしていれば、長年愛用することができます。 羽毛布団の手入れといってもはそれほど、難しいことではありません。 羽毛布団は軽く暖かで、適度に柔ら・・・

羽毛布団を使う時のポイント

羽毛布団を上手に使えば長持ちして、何時までも気持ちよく使うことができます。 羽毛布団を使う時のひとつめのポイントは、必ず布団カバーを掛けます。布団カバーを掛けると、生地の汚れや摩擦による劣化から布団・・・

羽毛布団を干すとき

羽毛布団の扱い方で一番気になる点は、羽毛布団の手入れをどうするかということでしょう。 まず、干し方では普通の布団を干す場合はベランダに朝のうちに干し、夕方取り込むことで大丈夫ですが、羽毛布団の扱・・・

羽毛布団は和室・洋室共使用が可能

羽毛布団は保温性、吸湿性に富み、オールシーズン使えることで、羽毛布団の購入を考える人が多いと言われています。 ところが、和室しかない家での生活で、ベッドでなく、直接畳に羽毛布団を敷いて寝ることに・・・