羽毛布団で心地よい睡眠のTOPに戻る

羽毛布団の再生と丸洗い

羽毛布団の扱い方では、何度も丸洗いをしましょうと書いてありますが、羽毛布団の再生からすると、丸洗いだけでは再生しないと考えるのが普通です。

ただ、使い始めてから、3年に1度くらいの頻度でする丸洗いでは、羽毛の再生に多少の効果があります。
しかし、その後5年6年と使っていると、摩擦で羽毛のダウンボールが傷んでしまい、丸洗いだけでは、どうしても元には戻らなくなっています。

また、中の羽毛だけでなく、側生地も、日々の使用で、洗っただけではとれない汚れの沈着が起きてきています。

羽毛布団の再生というのであれば「リフォーム」になります。

汚れが側生地に沈着してとれなくなったり、羽毛が飛び出してきたり、かさ高が減ったような場合にはリフォームを行うことで、さらに長く羽毛布団の寿命が延び愛用することができます。

一応、羽毛布団をリフォームしなければならない時の目安は、側生地でいえば7〜10年程で、全体で見分ける時は、丸洗いしてもかさ高が戻らない、以前より重く感じる、暖かく感じられない、というようになればリフォーム時だと判断できます。

このような、羽毛布団の状態は丸洗いだけでは再生しません。

現在使っている羽毛布団が10〜15年ほど前に購入した物でも、値段の高いものであれば、尚さらですが、リフォームすることによって再生させると、まだ何年も使用することができます。

長く使い続けた布団には愛着も生まれもので、是非とも、リフォームして欲しいものです。

リフォームは、新たに購入するよりは値段もかかりませんし、羽毛布団はリフォームすることでより、長く使い続けることができます。










関連コンテンツ

羽毛布団のトラブル解消

羽毛布団でも、長年の使用によって、何かしらの不具合が起きてくるようです。 長年、使用しているうちに、羽毛が片寄ってしまい、薄くなることがあります。このようなトラブルは、布団の表面を軽く叩いてなら・・・

羽毛布団の再生

長く使ってきた羽毛布団の再生には、「リペア方式」と「リフォーム方式」があり、二つの方式には大きな違いがあります。 リペア方式は、側生地を裂いて中身を取り出し、新しい側生地に入れ直すことです。 ・・・

羽毛布団には手入れが大切

羽毛布団は特に手入れが大切な寝具ですが、手入れをきちんとしていれば、長年愛用することができます。 羽毛布団の手入れといってもはそれほど、難しいことではありません。 羽毛布団は軽く暖かで、適度に柔ら・・・

羽毛布団を使う時のポイント

羽毛布団を上手に使えば長持ちして、何時までも気持ちよく使うことができます。 羽毛布団を使う時のひとつめのポイントは、必ず布団カバーを掛けます。布団カバーを掛けると、生地の汚れや摩擦による劣化から布団・・・

羽毛布団を干すとき

羽毛布団の扱い方で一番気になる点は、羽毛布団の手入れをどうするかということでしょう。 まず、干し方では普通の布団を干す場合はベランダに朝のうちに干し、夕方取り込むことで大丈夫ですが、羽毛布団の扱・・・

羽毛布団は和室・洋室共使用が可能

羽毛布団は保温性、吸湿性に富み、オールシーズン使えることで、羽毛布団の購入を考える人が多いと言われています。 ところが、和室しかない家での生活で、ベッドでなく、直接畳に羽毛布団を敷いて寝ることに・・・