羽毛布団で心地よい睡眠のTOPに戻る

羽毛布団のトラブル解消

羽毛布団でも、長年の使用によって、何かしらの不具合が起きてくるようです。

長年、使用しているうちに、羽毛が片寄ってしまい、薄くなることがあります。このようなトラブルは、布団の表面を軽く叩いてならしてやるようにすれば元に戻ります。

もし、軽く叩いても元に戻らなかったり、明らかにマス目を移動しているようだと思えるときは、襟元のマスが破れていると考えられます。
このようなトラブルは、リフォームに出して新しい側生地に入れ替えるのが良いでしょう。

次に、布団カバー内で羽毛が飛び散っているという場合には、穴が空いていたり、縫製部分に問題があることが考えられます。このトラブルの場合、小さな穴であれば補修布をあてれば大丈夫ですが、縫製等に問題がある場合はリフォームすることになりますので、購入店か販売店に相談すると良いでしょう。

羽毛布団本体がカビが付いてしまったというトラブルがあります。人は眠る時に200cc程の汗をかくといわれています。
布団に汗を染ましたままですと、高温多湿の場合にはカビが生えてきてます。
まだカビが側生地まで達してないようでしたら、カバーを外し、直写日光に2〜3時間あてれば若干匂いは残るものの、ほとんどこのトラブルは解消されるはずです。
しかし側生地にまで達している場合は、専門店に相談したほうが良いでしょう。

羽毛布団のトラブルは、僅かなでも疑問を感じれば、専門店に相談すると良い解消の方法を教えてくれます。










関連コンテンツ

羽毛布団の再生と丸洗い

羽毛布団の扱い方では、何度も丸洗いをしましょうと書いてありますが、羽毛布団の再生からすると、丸洗いだけでは再生しないと考えるのが普通です。 ただ、使い始めてから、3年に1度くらいの頻度でする丸洗・・・

羽毛布団の再生

長く使ってきた羽毛布団の再生には、「リペア方式」と「リフォーム方式」があり、二つの方式には大きな違いがあります。 リペア方式は、側生地を裂いて中身を取り出し、新しい側生地に入れ直すことです。 ・・・

羽毛布団には手入れが大切

羽毛布団は特に手入れが大切な寝具ですが、手入れをきちんとしていれば、長年愛用することができます。 羽毛布団の手入れといってもはそれほど、難しいことではありません。 羽毛布団は軽く暖かで、適度に柔ら・・・

羽毛布団を使う時のポイント

羽毛布団を上手に使えば長持ちして、何時までも気持ちよく使うことができます。 羽毛布団を使う時のひとつめのポイントは、必ず布団カバーを掛けます。布団カバーを掛けると、生地の汚れや摩擦による劣化から布団・・・

羽毛布団を干すとき

羽毛布団の扱い方で一番気になる点は、羽毛布団の手入れをどうするかということでしょう。 まず、干し方では普通の布団を干す場合はベランダに朝のうちに干し、夕方取り込むことで大丈夫ですが、羽毛布団の扱・・・

羽毛布団は和室・洋室共使用が可能

羽毛布団は保温性、吸湿性に富み、オールシーズン使えることで、羽毛布団の購入を考える人が多いと言われています。 ところが、和室しかない家での生活で、ベッドでなく、直接畳に羽毛布団を敷いて寝ることに・・・