夏休みの合宿免許のTOPに戻る
「夏休みの合宿免許」トップ >  合宿免許の種類 > 合宿免許のデメリット

合宿免許のデメリット


合宿免許は、短期間で普通自動車や大型、バイクなどの免許を取得することが出来ます。また、集中して免許取得のための学科や実技を行うことが出来るので、ダラダラと教習所に通わなくても済むメリットは大きいです。
しかし、合宿免許を利用するためのデメリットは、即座に誰でも申し込みできないことです。

合宿免許は、短期間で免許を取得出来る上に、費用も安く抑えることが出来るので、非常に人気が高くなっています。
それだけに、合宿免許の予約をとるのが難しくなっている現状があります。

短期間の合宿で免許が取得できるといっても、一定期間の合宿ですから、纏まった休暇が必要になります。そうすると、夏季休暇が対象になりますから、予約が多い合宿免許の教習所で予約を確保するのは大変になります。

教習所のさまざまなプランやキャンペーンなどは締め切り前に予約でいっぱいになってしまうことも良くあります。
合宿免許を考えているかたは、早期に予約しておかないと、参加することが出来ません。

合宿免許は、免許取得までのスケジュールが決められてしまいますので、基本的には、急な病気や用事が出来たとしてもキャンセルは受付してもらえません

格安の合宿プランでは、合宿期間中の保証などがない場合もあります。きちんと合宿内容の確認と理解の上で参加することが大切です。

合宿免許で一番のデメリットで言えば合宿期間が長いことで、通常の免許取得に比べれば短いのですが、集中しての教習を受けなくてはならないため、長期間の滞在が必要です。
合宿免許に参加する人は、車の運転をしたことがない人が殆どで、その人が運転できるようになるまでには、一定期間の教習は必要です。

学生の方は、夏休みや冬休みなどの長期の休みを利用して合宿免許に行くことが出来ますが、仕事をしている人には難しい問題となります。

関連コンテンツ

作業系免許の合宿免許

作業系の免許は、経験の有無や現在持っている免許の種類によって取得期間や費用に多少の違いがあります。 合宿免許で、移動式クレーンの免許を取得する場合は、経験の有無で費用が異なり、実技終了後は学科試・・・

バイクの合宿免許

バイクの免許には、普通自動二輪免許と大型自動二輪免許があります。 MT車とAT車限定免許を選択することが出来ます。 普通二輪免許では、総排気量が50ccから400cc以下のバイクを運転すること・・・

大型自動車の合宿免許

大型自動車の免許も短期合宿で取得することが出来ます。 平成19年から新たに中型車の免許が新設され、運転できる車の大きさが分けられています。 中型車免許を持っている方は、普通車と中型車を運転すること・・・

中高年が参加する合宿免許

合宿免許の格安プランは、若い人向けが多いようですが、免許を取得したいと思っている中高年の人もいます。 定年を迎えて、新たなライフスタイルに車の運転を取り入れたいと考えている方も多いはずです。 ・・・