夏休みの合宿免許のTOPに戻る
「夏休みの合宿免許」トップ >  合宿免許の種類 > 大型自動車の合宿免許

大型自動車の合宿免許


大型自動車の免許も短期合宿で取得することが出来ます。
平成19年から新たに中型車の免許が新設され、運転できる車の大きさが分けられています。
中型車免許を持っている方は、普通車と中型車を運転することが可能で、大型車免許を持っている方は、大型車、中型車、普通車を運転することが出来ます。
合宿免許で免許を取得するのならば、折角ですから、大型車の運転免許を取得するのがいいですね。

最初から大型免許を取得していれば、運転出来る車を選ぶことなく、仕事の幅も広がるはずです。
大型自動車免許次の条件のいずれかに該当する自動車を運転できる免許です。
・車両総重量→11トン以上のもの
・最大積載量→6.5トン以上のもの
・乗車定員→30人以上のもの

しかし、大型自動車の合宿免許に参加するには、条件があり、年齢が21歳以上で、普通車、中型車、大型特殊のいずれかの免許を取得し3年以上の免許経歴が必要になります。
また視力や色彩識別、聴力、学力、身体などに異常がないことも条件となっています。

大型自動車の合宿免許は、法改正により路上練習、路上試験、取得時講習が行われるようになり、試験に使用する車両の大きさも長さが8mから12mに変更になっています。

それぞれの練習や講習を受けて最短9日で大型自動車免許を取得することが可能です。

大型自動車の合宿免許では、免許交付までを確実に行うことが出来るためとても便利です。

合宿免許が終了しだい免許証を取りにいくだけで、大型自動車を運転することが出来るようになります。
早く確実に免許を取得したい方には、大型自動車の合宿免許が適しています。
関連コンテンツ

作業系免許の合宿免許

作業系の免許は、経験の有無や現在持っている免許の種類によって取得期間や費用に多少の違いがあります。 合宿免許で、移動式クレーンの免許を取得する場合は、経験の有無で費用が異なり、実技終了後は学科試・・・

バイクの合宿免許

バイクの免許には、普通自動二輪免許と大型自動二輪免許があります。 MT車とAT車限定免許を選択することが出来ます。 普通二輪免許では、総排気量が50ccから400cc以下のバイクを運転すること・・・

中高年が参加する合宿免許

合宿免許の格安プランは、若い人向けが多いようですが、免許を取得したいと思っている中高年の人もいます。 定年を迎えて、新たなライフスタイルに車の運転を取り入れたいと考えている方も多いはずです。 ・・・

合宿免許のデメリット

合宿免許は、短期間で普通自動車や大型、バイクなどの免許を取得することが出来ます。また、集中して免許取得のための学科や実技を行うことが出来るので、ダラダラと教習所に通わなくても済むメリットは大きいです。・・・