夏休みの合宿免許のTOPに戻る

バイクの合宿免許


バイクの免許には、普通自動二輪免許と大型自動二輪免許があります。

MT車とAT車限定免許を選択することが出来ます。
普通二輪免許では、総排気量が50ccから400cc以下のバイクを運転することが出来ます。また、小型特殊自動車や原動機付自転車の運転も可能です。

大型二輪免許は、普通二輪免許で運転できるバイクと400cc以上のバイクを運転することが可能です。

普通二輪免許の取得年齢は16歳以上、大型二輪免許は18歳以上の年齢制限があります。

二輪免許を短期間で取得したい方には、合宿免許が有効です。
バイクの合宿免許は最短で9日間で卒業することが出来、大型二輪の場合は、5日間と長期の休日を使って免許を取得することが可能です。

また普通自動車免許と同時に二輪免許を取得することも出来ます。
合宿免許で同時取得することで、別々に取得するよりも費用を安く抑えることが可能になります。

普通自動車の免許で乗れる通称「原付」では、右折制限があったり、制限速度が30km/hまでとなっているため、公道で普通車の流れに乗れないばかりか、流れに乗って走っているとほとんどが違反速度になってしまいます。

普通二輪免許を取得することにより、125ccまでのスクーターを運転することが可能になります。

合宿免許では、普通車免許の最短日数に少しプラスするだけで二つの免許を取得することが出来ます。
関連コンテンツ

作業系免許の合宿免許

作業系の免許は、経験の有無や現在持っている免許の種類によって取得期間や費用に多少の違いがあります。 合宿免許で、移動式クレーンの免許を取得する場合は、経験の有無で費用が異なり、実技終了後は学科試・・・

大型自動車の合宿免許

大型自動車の免許も短期合宿で取得することが出来ます。 平成19年から新たに中型車の免許が新設され、運転できる車の大きさが分けられています。 中型車免許を持っている方は、普通車と中型車を運転すること・・・

中高年が参加する合宿免許

合宿免許の格安プランは、若い人向けが多いようですが、免許を取得したいと思っている中高年の人もいます。 定年を迎えて、新たなライフスタイルに車の運転を取り入れたいと考えている方も多いはずです。 ・・・

合宿免許のデメリット

合宿免許は、短期間で普通自動車や大型、バイクなどの免許を取得することが出来ます。また、集中して免許取得のための学科や実技を行うことが出来るので、ダラダラと教習所に通わなくても済むメリットは大きいです。・・・