夏休みの合宿免許のTOPに戻る
「夏休みの合宿免許」トップ >  合宿免許の手続き > 合宿免許の入校から卒業まで

合宿免許の入校から卒業まで


合宿免許は、入校から卒業までのスケジュールが教習所により決められています。
スケジュールに沿って免許取得のための教習を受ける必要があります。
まず、合宿免許に参加する日時が決まると、決められた集合場所まで電車やバスなどを利用して行きます。
入校案内書などを参考にして、集合場所までの交通機関の経路、所要時間を調べ、定刻にきちんと集合します。

教習所についたら、入校手続きを行い、合宿期間中のスケジュール、宿泊施設などについて説明を受けます。

免許講習を行う前に、簡単な適正検査を受けると、いよいよ免許合宿がスタートします。

合宿免許では、第一段階で仮免許を取得します。
仮免許取得までには、学科を10時限、技能を12時限から15時限受ける必要があります。

すべての過程を修了すると、修了検定の学科と技能の試験が行われます。合格すれば仮免許を取得することが出来ます。

合宿免許の第二段階では、卒業検定に向けての教習を受けます。
学科を16時限、技能を19時限以上受ける必要があり、技能講習は一般道路での練習となります。

第二段階の過程を修了すると、卒業検定が行われます。
無事に合格できると、卒業証明書をもらい合宿免許も卒業となります。

免許証をもらうには、各都道府県の運転免許センターで学科試験を受けます。

合宿免許の卒業証明書は1年間有効となっていますが、忘れないように早めに試験を受けて免許証を取得するのがいいですね。
関連コンテンツ

合宿免許に予約する

合宿免許は教習所に通うのに比べて早く免許を取得できるので、人気が高くなっています。 合宿免許は免許取得に至る費用も安く、集中して免許取得の勉強をすることが出来、運転技術も早く身に付きやすいというメリ・・・