夏休みの合宿免許のTOPに戻る
「夏休みの合宿免許」トップ >  合宿免許で免許取得 > 普通車の合宿免許、入校から卒業まで

普通車の合宿免許、入校から卒業まで


合宿免許は、教習所の宿泊施設に宿泊しながら集中して免許を取得します。
普通自動車免許や大型自動車免許、自動二輪免許など、さまざまな免許を取ることが出来ます。

普通自動車免許には、MT(マニュアル)車と、AT(オートマチック)車限定があります。

普通車の合宿免許は、全国の自動車学校や自動車教習所で行っているので、好きな所を選んで合宿することが出来ます。

普通車の合宿免許では、仮免許を取得するまでに、第一段階として、学科を10時限と技能教習を受ける必要があり、技能教習は、MT車で15時限以上、AT車で12時限以上受けます。

すべての講習を修了した時点で、技能の終了検定と仮免許学科試験を受けることになります。
どちらも合格すると仮免許が交付されます。

仮免許取得後は、第二段階として、16時限の学科と19時限以上の技能教習を受け、技能の卒業検定を受けます。
無事に卒業検定に合格し、卒業証明書をもらえば合宿免許は終了です。

合宿免許の宿泊期間は、MT車で最短15日、AT車で最短12日となっています。

普通車の運転免許証をもらうには、合宿免許が終わってから1年以内に、住民票のある都道府県の運転免許センターで適正検査と、学科試験を受けなくてはなりません。

適正検査と学科試験に合格すると念願の免許証を手にすることが出来ます。
免許証は即日交付なので、帰りにはホカホカの免許証を持って帰ることが出来ます。
関連コンテンツ

夏休みを利用してリゾート地の合宿免許に参加する

合宿免許で免許を取得するのには、16日程度の日数が必要になります。 会社員では、16日もの長い休みを取ることは難しいですが、学生の場合は、夏休みなどの長期の休みを利用して合宿免許に参加することが出来・・・