プチ断食と美容効果のTOPに戻る
「プチ断食と美容効果」トップ >  プチ断食の方法 > プチ断食の回復食はおかゆ

プチ断食の回復食はおかゆ

プチ断食の半日断食は朝食と昼食に断食ジュースを摂るのですが、その日の夕食は回復食にすることになります。

プチ断食の1日断食を週末などに行った場合、金曜日の昼食と夕食で食事量を減らしていき、断食当日の土曜日の3食はジュース断食をするのですが、翌日の日曜日と翌々日の月曜の朝食のあわせて4食は回復食を摂ることになります。

プチ断食を行えば、必ず、その後には回復食が必要となります。
無理に、プチ断食を終了したあと、次の食事を普段どおりに食事を摂ると、それまで、プチ断食でゆっくりと休めていた胃を刺激し、キュウッと縮むような感じで痛くなったりします。

断食を行っていながら、内臓に負担をかけるようでは、断食の意味がありません。

断食した食事回数に合わせた回復食を少しずつ食べることで、身体をゆっくりと戻すことが大事です。


また、回復食で胃に負担を掛けないという意味では、やはりお粥が回復食に一番相応しい食事になります。

さらに栄養面を考慮すると、玄米のお粥がより良い回復食になります。玄米粥は栄養に富み、ダイエット目的のプチ断食には効果的です。

お粥に少し漬物を添えたり梅干を添えて食べるのは、断食中に失った塩分を補充するために必要です。また、味噌汁も加えると、塩分だけでなく大豆蛋白の栄養分も摂れます。

回復食が数回ある場合などは段階的に量や種類を増やしていって、ゆっくりと時間をかけて食べることを心がけます。

玄米粥にかぼちゃを加えた南瓜粥、小豆を加えたあずき粥、紫蘇の葉を刻んで最後に散らした紫蘇粥など、回復食をバラエティに富む工夫が出来るようになるとプチ断食の後の回復食が楽しみになります。
JAS認定米使用!素材の味を引き出した健康的でおいしいお粥。有機玄米粥シリーズ200g×20個セット
関連コンテンツ

プチ断食で入浴の活用

プチ断食では断食中の入浴は許されますが、これが本格的な断食であれば入浴は危険です。 むしろ、プチ断食中の入浴は新陳代謝を高めるため、バスタイムを上手に利用することです。 バスルームには、肩・・・

「プチ断食」〜週末にプチ断食〜

週末を使って行うプチ断食は、仕事の勤務や通学に支障がない断食のイメージがあり、かなり、断食に重みがあるようでプチ断食じゃないように思われるかも知れません。 この週末の断食は金曜日の昼食から月・・・

「プチ断食」〜半日だけ断食の方法〜

朝食だけを抜く朝だけのプチ断食を何回か行なって、だんだん、プチ断食に慣れて、排泄が盛んになるなどの朝だけのプチ断食の効果を感じてきますと、さらに上の段階のステップに進みたくなってきます。 朝・・・

「プチ断食」〜朝の断食の方法〜

プチ断食には朝食を絶つ断食があります。 この朝食を抜くというのは、前夜、夜遅くに食べたり飲んだりしておいて、翌朝の食事を抜くというのではありません。 朝食を抜く断食は少なくとも、前の日・・・