50代の中年世代は企業の終身雇用の考え方が崩れ、リストラに遭う世代となっています。

50代の中年世代は転職や再就職を余儀なくされ、人生の岐路に立たされる状況が一段と増してきています。

50代の中年世代は、いろいろな事情での退職でしょうが、住宅ローンや子供の養育費、教育費用などもまだまだ必要である世代です。

50代の中年世代は再就職、まだ体力も気力も充分あるぞという世代ですから、再就職や或いは起業によって、人生の岐路にも対応していきます。

50代の中年世代にとってはこれからの人生は長いですから失業期間を作らないようにしっかりとした方向を選択しなければなりません。

しかしながら、50代から再度働く手段としては企業への就職、アルバイト、派遣等の手段がありますが、簡単に再就職できない厳しい求人環境であることも確かです。

今の時期は新卒の大学生ですら就職氷河期で100社に応募しても就職できない時代です。

まして50代での再就職は非常にむずかしいものでしょう。

50代でも正規雇用は可能かもしれませんが以前の給料には戻るような雇用はムリでしょう。また以前の給与ベースが得られる人はそもそもリストラされてないでしょう。

給与の問題、再就職の困難さを思うとき、もう一つの選択肢として、独立開業、起業というものあります。