50代での岐路、転職〜起業のTOPに戻る
「50代での岐路、転職〜起業」トップ >  50代からの転職 > 50代からの転職は生活スタイルの転換(2)

50代からの転職は生活スタイルの転換(2)

【50代転職で田舎暮らし】

転職によって自分の生活スタイルを変えたい。
そんな思いを持っている50代サラリーマンは少なくないと言われています。

サラリーマン現役引退後の田舎暮らしではなく50代の転職を機に田舎暮らしを目指そうというのですが、果たして50代の転職で憧れの田舎暮らしを手に入れる事は出来るのでしょうか?

50代の転職を機にする田舎暮らしの一つはIターンなどによって地方での再就職の方法です。

再就職を地方で行うとすれば、それまでのサラリーマン時代の給与や待遇面は劣ることになり、少々不満を感じるかもしれません。
全国平均からしても、都市部の企業の方が給与額は高く、福利厚生も充実していますから、地方で働くにはそれなりの覚悟は必要でしょう。

通常、田舎暮らしでの転職を考えると給料は下がってしまうのが現実です。
ところが、地のものの野菜などを中心に物価が低く、ある程度の収入減でも生活水準は変わらないように感じます。

再就職を地方で成功させるには、有名企業系列の企業や或いは有名企業の支店や子会社などに再就職先を選ぶことです。
これら企業であれば、待遇は都市部とさほど変わりはないことが多いからです。

再就職を家族と共に乗り越えようとするなら、再就職の道は慎重な選択が必要です。

また、よくある誤解は地方の会社なら、どの会社ものんびりしているだろうというものです。「田舎」イコール「のんびり」ではないことはたしかです。
地方の会社も忙しいスケジュールに追われるのは、地方も都心も変わりません。
「プライベートを充実させたかったのに」という望みを叶えるのには、そんな時間はない」あらかじめ就業形態などをじっくりと調べることが必要です。

また、50代からの転職は、資格などを持っている場合の方が仕事さきでは有利なようです。

近年では仕事の転職を含めた移住者支援を行なっている市町村もあるようです。
市町村の支援を利用する事によって、50代からの転職で田舎暮らしを行ないやすいでしょう。
関連コンテンツ

50代からの転職活動を始める前に

50代以上の中高年世代が、転職や再就職を余儀なくされるにはいろいろな理由があります。 会社の倒産での離職、健康上の理由からの離職、一身上の都合による退職から、不祥事を起こしての懲戒解雇による退職・・・

50代転職に資格取得で有利に

50代からの転職は新卒大学生ですら就職難の折ですから、現状として非常に厳しい状況にあります。 50代以上の求人案件は一般の転職サイトや人材バンクでは数も限られており、書類審査や面接を経て採用に至人は・・・

50代からの転職は生活スタイルの転換(1)

【50代からの転職は職種までも転換】 50代からの転職者は年々増加傾向にあり、転職経験は当たり前と捉える企業も多くなっています。 それでも「50代からの転職は厳しい」というのが現状のようで・・・