50代での岐路、転職〜起業のTOPに戻る

50代転職に資格取得で有利に

50代からの転職は新卒大学生ですら就職難の折ですから、現状として非常に厳しい状況にあります。
50代以上の求人案件は一般の転職サイトや人材バンクでは数も限られており、書類審査や面接を経て採用に至人はほんのひと握りと言うのが現状でしょう。
求人募集に応募しても、書類審査だけで門前払いなどという事も珍しくはないようです。

しかし、そんな50代の転職の厳しい状況を打開する方法が無いわけではありません
50代以上の転職・再就職の場合、何かひとつアピールできるもの、それは資格です。

50代と言えば、もちろんこれまでの社会人としての経験は大きな武器ですが、しかし、求人募集の応募となると、実績や成果が即座に見て取れるものではありません。
その点、持っている資格はその人の持つ技能、能力の判定に役立ち、合否が決まることもあります。

再就職では即戦力が重視されます。一般的に即戦力とは、指導されることなく業務が自らの力で行えることです。

再就職では、企業にとって不足している人材を補充する側面がある為に、即戦力のあるなしはとても重要な要素で、再就職で新しい人材が入って来ても実際の業務を行うのに手の掛かる業務指導や研修が必要な人材は間違いなく敬遠されます。

求職では資格を提示すればある程度その人のスキルを会社側が判断し易くなります。
有利な資格は業種や職業によって異なってきます。

資格によってはその資格を取得する受験資格に実績を必要とする資格もあります。
そうすると、資格に技術が裏打ちされたわけですから、50代からの転職もキャリアアップの可能性を大きくしていきます。

資格があれば50代でも転職・再就職が必ず成功するというわけではありませんが、少なくとも何もない人よりは応募する際の選択肢は広がります。
能力として無理なく取得できる範囲内の資格を取得しておけば、重い荷物にはならないでしょう。
関連コンテンツ

50代からの転職活動を始める前に

50代以上の中高年世代が、転職や再就職を余儀なくされるにはいろいろな理由があります。 会社の倒産での離職、健康上の理由からの離職、一身上の都合による退職から、不祥事を起こしての懲戒解雇による退職・・・

50代からの転職は生活スタイルの転換(2)

【50代転職で田舎暮らし】 転職によって自分の生活スタイルを変えたい。 そんな思いを持っている50代サラリーマンは少なくないと言われています。 サラリーマン現役引退後の田舎暮らしではなく・・・

50代からの転職は生活スタイルの転換(1)

【50代からの転職は職種までも転換】 50代からの転職者は年々増加傾向にあり、転職経験は当たり前と捉える企業も多くなっています。 それでも「50代からの転職は厳しい」というのが現状のようで・・・