50代での岐路、転職〜起業のTOPに戻る
「50代での岐路、転職〜起業」トップ >  50代からの転職 > 50代からの転職活動を始める前に

50代からの転職活動を始める前に

50代以上の中高年世代が、転職や再就職を余儀なくされるにはいろいろな理由があります。

会社の倒産での離職、健康上の理由からの離職、一身上の都合による退職から、不祥事を起こしての懲戒解雇による退職など。

しかし、デフレ経済からの長引く不況は一向に好転する気配が見えません。
不況による経済の不安定は雇用の不安定に繋がっていきます。
簡単には、50代からの転職、再就職を果たせる環境にはないことは確かです。50代からの転職、再就職は本気になって取り組まなければなりません。

しかし、一般の求人誌などでは、求人の条件に年齢制限があるところが多く、50代の中高年の就職先を探すのはなかなか難しいのが現実です。

でも、50代はキャリアが豊富な年齢層です。再就職先で即戦力として期待され、幹部候補や管理職が欲しい企業も少なからずあります。

その上、終身雇用制度や年功序列型の給与体系が崩壊した現在では、中高年が再就職しやすくなった要因とも考えれます。
そうなると、再就職には求人する企業に出会うタイミングが重要になってきます。

さまざまなところから広く情報を収集し、WEB上の求人サイト、人材紹介会社への登録などをひとつひとつ丁寧に行っていって、50代からの転職、再就職にめぐり合えるタイミングを捕まえられるようにしておかなければなりません。

熱意をもって意欲的に転職活動できるのは約3ヶ月が限度と言われています。その後は、モチベーションが低下し、活動がマンネリ化したり、人によっては自信を喪失し、うつ状態になってしまう事さえあるようです。

あせった末にミスマッチの会社を選んでしまい、すぐに退社してしまう事もめずらしくないようです。

心の持ちようで、たとえ転職活動が長期化しても冷静でいられる事ができます。
そうなると希望の職場に出会うチャンスも生まれてきます。
関連コンテンツ

50代転職に資格取得で有利に

50代からの転職は新卒大学生ですら就職難の折ですから、現状として非常に厳しい状況にあります。 50代以上の求人案件は一般の転職サイトや人材バンクでは数も限られており、書類審査や面接を経て採用に至人は・・・

50代からの転職は生活スタイルの転換(2)

【50代転職で田舎暮らし】 転職によって自分の生活スタイルを変えたい。 そんな思いを持っている50代サラリーマンは少なくないと言われています。 サラリーマン現役引退後の田舎暮らしではなく・・・

50代からの転職は生活スタイルの転換(1)

【50代からの転職は職種までも転換】 50代からの転職者は年々増加傾向にあり、転職経験は当たり前と捉える企業も多くなっています。 それでも「50代からの転職は厳しい」というのが現状のようで・・・