手持ち花火のTOPに戻る
「手持ち花火」トップ >  手持ち花火の場所 > 手持ち花火を楽しめる場所

手持ち花火を楽しめる場所

昔は家の玄関先や近くの広場などで気軽に行えた花火ですが、最近は住宅環境の変化などに伴って手持ち花火を行う場所が限られています。

家の中に入ってくる煙や大きな音、燃えかすなどのゴミや花火に興じる喚声などの問題や、火種が枯れ葉や草木に移る火災の心配などで手持ち花火を行う場所がなくなってきています。

近頃、手持ち花火を楽しむのは、多くの人が夏休みにキャンプへ行ったり海に行ったりした時とか、田舎へ帰省したときなどとなっています。

田舎の家などは一軒一軒の間隔もあり、多少の煙や音などは気にせずに手持ち花火を楽しめるので、帰省時の楽しみにしている子供も沢山います。

海やキャンプ場なども民家が近くになく、音や煙を気にせずに思いっきり楽しむことができますね。

しかし、どらちの場合でも、水を張ったバケツを用意し、注意事項を守り周りに迷惑をかけないようにしなければ、手持ち花火が禁止されてしまう可能性もあります。
手持ち花火
くるくるくるくる!
くるくるスパーク!


故郷や海やキャンプ場でなく、家の近所や火気厳禁と記載の無い公園などで手持ち花火を楽しみたいのであれば、花火をしても良いのかを自治体などに確認が必要です。

手持ち花火は子供はもちろんですが、大人にとっても夏の夜の楽しい思い出のアイテムになります。これ以上花火を行える場所が無くならないように、廻りに迷惑をかけないマナーを守ることが大切ですね。