手持ち花火のTOPに戻る
「手持ち花火」トップ >  手持ち花火の種類 > 手持ち花火の種類と違い

手持ち花火の種類と違い

花火のセットを購入すると様々な種類の商品が入っていますが、花火の名前や特徴を知ることでもっと花火を楽しむ事が出来ます。

手持ち花火でも、夏と言えば線香花火という人もいるほど線香花火は人気の高い花火です。
線香花火は【長手】と【すてぼ】の2種類あります。
主に東日本と西日本で違いがあり、【すてぼ】のタイプは西日本で【長手】のタイプは東日本で主流となって使われています。

【すてぼ】の特徴としては先端の部分が黒色になり、持ち手は藁で出来ている花火で、点火した後は上向き45度程度に持つと長く楽しめるようです。
【長手】はこよりのように全体が紙で作られ、点火した後は下向き45度程に保つことで、火球が落ちにくくなります。

まったく違う花火に感じますが、どちらのタイプの線香花火に思いがあるかで、西日本に住んでいたか、東日本に住んでいたのが分かるようですね。

手持ち花火には【ススキ系】と【スパーク系】の2種類がありますが、最近は【カラーチェンジャー系】というタイプも発売されています。

【カラーチェンジャー系】の特徴としては、花火に点火した後、花火の色が様々な色へと変色する、火花を楽しみます。

セット販売などが気軽に買える為人気となっています。
点火して上空に花火が上がりパンッと開く【打ち上げ花火】や筒型の【吹き上げ花火】、傘や人形などがゆっくりと落ちてくる【仕掛け花火】など様々な楽しい花火が売られています。
関連コンテンツ

魅了させられる高額な玩具花火

手持ち花火などの玩具花火は比較的値段の安い花火が多く、誰もが手軽に購入することができます。ただ、安い花火の多くは中国製の花火が多く、品質を心配する人もいます。 現在は中国製の花火もだいぶ品質が良・・・

人気のある手持ち花火の種類

昔から様々な種類が揃っている手持ち花火ですが、最近ではさらに改良を重ねた手持ち花火が発売されています。 改良された花火は美しさや豪華さを楽しめるようになっています。 手持ちタイプの花火だけでは・・・

楽しめる手持ち花火の種類

昔から親しまれている玩具花火は手持ち花火のことですが、最近は本当に様々な種類の花火が売られていて、大人でも充分楽しめる花火が増えています。 手持ち花火と呼ばれる花火はその名の通り、手でもって楽し・・・

子供にはSFマークで販売されている手持ち花火

手持ち花火は小さな子供がいる家庭から大人の集まりの場まで様々な形で楽しみますが、花火は火薬を使用しているため、必ず、安全対策が必要です。 特に子供と一緒に手持ち花火を行う時は子供のやけどなどのケ・・・