ゴルフスウィングのコツのTOPに戻る
「ゴルフスウィングのコツ」トップ > ゴルフスウィングの基本

ゴルフスウィングの基本

9ホール回ったあと食事をとります。 宴会のように豪華な食事を腹いっぱい食べてビールを飲んだら、午後のスコアは期待できません。 腹回りが窮屈になればゴルフスイングも窮屈なものになってしまうの・・・
スタートホールではその日のゴルフを占うものですから、大変緊張するものです。 スタートホールを無事に乗り切ってリズムを作りたいものです。 そのように思えば思うほどゴルフスイングに力が入ってし・・・
ストレートボールで、飛距離を出すスウィングは身体をねじってパワーを蓄積し、そのパワーを無理なく効率的にボールに伝える必要があります。 そのようなゴルフスイングを行うには、身体を上手に回転させる必・・・
トップで左肩が落ちる、ダウンスイングで右ひざが前にでてしまう、右腰が水平移動してしまう、ゴルフスイングには様々な悩みがあります。 多くの原因が考えられますが、体重移動が上手にできていないことも原・・・
ゴルフスウィングで飛距離が出ないことで悩んでいる人が多くおられると思います。 飛距離が出ないことの大きな原因のひとつは、ゴルフスウィングにおける上体の伸び上がりであると言われています。 ト・・・
ゴルフスウィングのセオリーとして、両腕でできる三角形の形を維持しながらテークバックする、ということが言われています。 ゴルフ初心者の中には、三角形の形を維持することに意識が向いて、ゴルフスウィン・・・
ゴルフスイング時には「ボールから目を離してはいけない」とよく言われます。 ゴルフスイングはアドレスからはじまり、テークバック、トップ、ダウンスイング、インパクトと続いていきますが、ボールから目を・・・
ゴルフのドライバーの練習をこまめに行っているにも関わらず、なかなか飛距離が出ないのであれば、ゴルフスイングにおけるトップの形をチエックしてみてください。 上体のねじりをスムーズにボールに伝えるた・・・
ゴルフスイングにおける上手なリズム作りのコツは、テークバックの始動時にあります。 ゴルフスイングを始める前に、まず上体をリラックスさせてください。 両肩と両肘の力を抜き、クラブヘッドが始動・・・
多くのゴフファーには「苦手なクラブ」がいつの間にか出来てしまいます。 しかし、スプーン(3番ウッド)は上手に打てるけれどドライバーは打てない、ロングアイアンが打てないという人は多くいますが、これ・・・
ゴルフスイングのインパクトの瞬間は、右ひざがアドレスの時よりも前に出ているか確認してみましょう。 左手甲の角度や両腕に位置、フェースの向きはアドレス時と同じになっているでしょうか。(飛球線に対し・・・
ゴルフスイングのコツはバックスイングにおいて左腕が地面と平行になった時、クラブのシャフトと左腕が90度(クラブが真っ直ぐ上方に)になっているか確認してみましょう。 左親指側のコックが不足している・・・
ゴルフスイングのコツはアドレスから始まります。 正しいアドレスが行われないと、正しいゴルフスイングにつながっていきません。 正しいアドレスは直角・平行が基本です。 アドレスは右肩が右・・・

カテゴリー「ゴルフスウィングの基本」のトップへ↑