ゴルフスウィングのコツのTOPに戻る
「ゴルフスウィングのコツ」トップ > ゴルフスウィング・アプローチ

ゴルフスウィング・アプローチ

ショートアプローチのゴルフスイングが苦手である人は、多くの場合肩や身体に力の入った構えになっています。 このように力の入った構えになってしまう原因は左手の被せすぎから力が入る構えになります。 ・・・
グリーンまわりからのショートアプローチでは、ボールを転がすことが大切です。 しかし、「トップ」や「ザックリ」となってしまい、なかなかピンにボールが寄ってくれません。ボールを転がすだけのゴルフスイ・・・
ゴルフの練習場ではボールがまっすぐに飛ぶのに、コースにでると「ダフリ」が出てしまう人が多いようです。 ゴルフの練習場ではマットの上にボール置いて練習するのがほとんどです。 このマットの上で・・・
ゴルフ練習場によっては、ボールの自動供球機でなく、かごにボールを入れるところもあります。 このようなゴルフの練習場では左右のどちらかの足をかごの上にのせてゴルフスイングの練習をすることが出来ます・・・
アプローチといっても、通常のゴルフスイングと同様で身体の回転でボールを打ちます。 初心者のうちはグリーンまでの距離が短いと、クラブにボールを当てることを意識して、手先だけでクラブを振ってしまいま・・・

カテゴリー「ゴルフスウィング・アプローチ」のトップへ↑