ゴルフスウィングのコツのTOPに戻る
「ゴルフスウィングのコツ」トップ >  ゴルフスウィング・アプローチ > ショートアプローチでのゴルフスイング

ショートアプローチでのゴルフスイング

グリーンまわりからのショートアプローチでは、ボールを転がすことが大切です。

しかし、「トップ」や「ザックリ」となってしまい、なかなかピンにボールが寄ってくれません。ボールを転がすだけのゴルフスイングがなかなか上手にできなくて、スコアに繋がりません。

このような、ショートアプローチでの「になるトップ」や「ザックリ」ゴルフスイングの原因を考えたいと思います。

まず、グリップを確認してください。10ヤードから20ヤードを飛ばすだけであるのに、250ヤードを飛ばすドライバーと同じグリップにしていないでしょうか。

ショートアプローチでドライバーと同じように左手を被せて握ると「トップ」や「ザックリ」の原因になります。

ショートアプローチでは手の甲を目標に向けるようにグリップを握るといいでしょう。

両手を身体の前で合わせて、そのままの形でクラブを「短め」に持ちます。
ピンにボールを寄せるのは、「パターが使えないか」から考えます。

まっすぐにボールを転がすためにはパターが最適であることは明らかです。

しかし、ボールからグリーンエッジまで数ヤード残している場合、5番アイアンや7番アイアンをパターのように打ってもいいでしょう。

この時に大切なことはグリップをパターと同じように握る、ということです。

左手首はフェース面と同じように目標に対してスクエアにセットします。

左手とフェース面を一体化させることで手首がロールすることを防ぎます。

その結果、パターのようにストレートな軌道でクラブヘッドを動かすことが可能となります。

アプローチはパターと同じように打つと易しいと言われていますが、しかし、シャンクやダフリに悩まされている人も多くいます。

こんな時はまず、グリップの確認からしてみましょう。

関連コンテンツ

ショートアプローチでのゴルフスイングその2

ショートアプローチのゴルフスイングが苦手である人は、多くの場合肩や身体に力の入った構えになっています。 このように力の入った構えになってしまう原因は左手の被せすぎから力が入る構えになります。 ・・・

アプローチのゴルフスイングを練習する その3

ゴルフの練習場ではボールがまっすぐに飛ぶのに、コースにでると「ダフリ」が出てしまう人が多いようです。 ゴルフの練習場ではマットの上にボール置いて練習するのがほとんどです。 このマットの上で・・・

アプローチのゴルフスイングを練習するその2

ゴルフ練習場によっては、ボールの自動供球機でなく、かごにボールを入れるところもあります。 このようなゴルフの練習場では左右のどちらかの足をかごの上にのせてゴルフスイングの練習をすることが出来ます・・・

アプローチのゴルフスイングを練習するその1

アプローチといっても、通常のゴルフスイングと同様で身体の回転でボールを打ちます。 初心者のうちはグリーンまでの距離が短いと、クラブにボールを当てることを意識して、手先だけでクラブを振ってしまいま・・・