ゴルフスウィングのコツのTOPに戻る
「ゴルフスウィングのコツ」トップ >  ゴルフスウィング・アプローチ > ショートアプローチでのゴルフスイングその2

ショートアプローチでのゴルフスイングその2

ショートアプローチのゴルフスイングが苦手である人は、多くの場合肩や身体に力の入った構えになっています。

このように力の入った構えになってしまう原因は左手の被せすぎから力が入る構えになります。

左手を被せ過ぎて握ると、左腕がまっすぐに伸びてしまい、それにつられて右腕も伸びてしまうことによります。

その結果、腕と肩が三角形になり、柔らかさが感じられない構えになってしまうのです。

ドライバーのように飛距離が必要なクラブでは力強い構えが必要になりますが、ショートアプローチでは力強さく振る要素は一つもありません。

パターを構えたときに、力強さが必要でないのと同じことです。

柔らかく構えるためには、左手を浅く握って肩と肘、手首で5角形を作り、クラブを吊るようにすると良く、パターと同じような感覚で直線的にストロークできるはずです。

左手をパター感覚で浅めに握ると、左の「わき」にゆとりが生まれてきます。
その結果、クラブを吊るように握ることができるのです。

クラブを吊るように握ることができれば「腕5角形」の完成です。

ブリップの握りとそこから生まれる「腕5角形」の構えがイメージできたたら、このゴルフスイングを5番アイアン、7番アイアンで試してみましょう。

これらのアイアンでロングパットをする気持ちでアプローチしてみます。

柔らかくスムーズに振ることが出来ると、実際のコースで「トップ」や「ザックリ」のミスが減っていくことでしょう。

関連コンテンツ

ショートアプローチでのゴルフスイング

グリーンまわりからのショートアプローチでは、ボールを転がすことが大切です。 しかし、「トップ」や「ザックリ」となってしまい、なかなかピンにボールが寄ってくれません。ボールを転がすだけのゴルフスイ・・・

アプローチのゴルフスイングを練習する その3

ゴルフの練習場ではボールがまっすぐに飛ぶのに、コースにでると「ダフリ」が出てしまう人が多いようです。 ゴルフの練習場ではマットの上にボール置いて練習するのがほとんどです。 このマットの上で・・・

アプローチのゴルフスイングを練習するその2

ゴルフ練習場によっては、ボールの自動供球機でなく、かごにボールを入れるところもあります。 このようなゴルフの練習場では左右のどちらかの足をかごの上にのせてゴルフスイングの練習をすることが出来ます・・・

アプローチのゴルフスイングを練習するその1

アプローチといっても、通常のゴルフスイングと同様で身体の回転でボールを打ちます。 初心者のうちはグリーンまでの距離が短いと、クラブにボールを当てることを意識して、手先だけでクラブを振ってしまいま・・・