ゴルフスウィングのコツのTOPに戻る
「ゴルフスウィングのコツ」トップ >  ゴルフスウィング・アイアン > ミドルアイアンのゴルフスイングを練習する

ミドルアイアンのゴルフスイングを練習する

ショートアイアンで確実にグリーンを狙えるようになったら、ミドルアイアンのゴルフスイングの練習をします。

ミドルアイアンのゴルフスイングはスウィングの骨格になります。そして、ミドルアイアンのゴルフスイングを身につければ、番手どおりの飛距離を打つことが出来、ロフト角どおりの球筋が得られるようになります。

ミドルアイアンでグリーンを狙えるようになれば、ゴルフのマネージメントが出来、ゴルフがますます面白くなると言われています。

ミドルアイアンのゴルフスイングで大切なことの1つに、上下左右の打点のズレをなくすということがあります。アイアンで番手どおりの球筋が得られないことの原因は「頭のずれ」にあると言われています。

頭を上体の回転に合わせて、自然な状態で回転させることは構わないのですが、上下左右にずれてしまうと(スライドとアップダウン)球筋は安定しません。
スイング中に頭の位置がずれてしまうと、ヘッド軌道の最下点、つまりインパクトのポイントがずれてしまいます。(頭がずれるとスウィングの軸がぶれます)
それが「ダフリ」や「トップ」の原因になっているのです。
テークバックで頭が右にずれると(スライドする)ダウンスイングで上体が右にズレやすくなります。

逆に頭が左にずれるとフェースがかぶりやすくなり、球の弾道が低くなったり、「アウトサイドイン」の軌道で「カット打ち」になったりします。「カット打ち」であれば球の弾道は高くなりますが距離は稼ぐことはできません。

アイアンのゴルフスイングでは頭がずれにくいアドレスで構えることが重要で、スクエアスタンスが基本になります。

スクエアスタンスとは目標となるラインに対して、両足が平行になるように構えるスタンスです。肩のラインが平行になっていることです。

この時、右足のつま先は、目標ラインに対して直角になるようにしましょう

関連コンテンツ

ロングアイアンでのゴルフスイングその2

ゴルフスイングで、5番アイアンではリラックスしてアドレスしているのですが、4番アイアンを持つと途端に力んだアドレスになっている人がいます。 このような人はスイングでも同じように力の入ったゴルフス・・・

ロングアイアンでのゴルフスイング

ゴルフ初心者の好きなアイアンは何番ですか?と問われると、多くの人は5番アイアンか7番アイアンと答えると言います。 ゴルフスイングを覚えるために、5番か7番で練習を始めるからそのように答えるようで・・・

ミドルアイアンのゴルフスイングを練習するその2

ゴルフレッスン 腰と肩の回転を感じることができない方に効果的な練習ドリル ゴルフスウィングで頭の高さがずれないようにするためには、スウィングするとき、テークバックからトップにかけて上体を回転させます・・・