ゴルフスウィングのコツのTOPに戻る
「ゴルフスウィングのコツ」トップ >  ゴルフスウィング・アイアン > ミドルアイアンのゴルフスイングを練習するその2

ミドルアイアンのゴルフスイングを練習するその2

ゴルフレッスン 腰と肩の回転を感じることができない方に効果的な練習ドリル
ゴルフスウィングで頭の高さがずれないようにするためには、スウィングするとき、テークバックからトップにかけて上体を回転させますが、この時も腰を回転させることが大切です。

ゴルフスイングにおける身体の上下のずれには大きく分けて2種類あると言われています。

ひとつはバックスイングで身体が沈みこんでしまい、ダウンスイングで伸び上がってしまう「ずれ」です。

このずれの原因は、バックスイング時にボールを見すぎることにあると言われています。(スウィングするよりボールを見続ける意識が強い。)

頭を動かしてはいけないという意識が強すぎるため、右肩が落ちてしまい、顔がボールに近づいてしまうのです。(バックスウィングで左肩を身体の右側面を軸にして廻しこむ意識が勝っていれば右肩が落ちる状態にはならない。)

頭はトップからダウンスイングにかけては動かさないほうがいいのですが、バックスイング時は無理に固定しなくてもいいでしょう。(ボールと目が切れなければいいのですが・・)

高さを変えない限り、バックスイング時に頭が動くことは問題ないようです。

もうひとつのバックスウィングで身体が沈みこむずれは、伸び上がったあとに沈み込んでしまう「ずれ」です。

このずれを直すためには、バックスイング時に右足の内側に力を入れてみるといいかもれません。

右足の内側に力を入れることにより、アドレス時の位置と高さを変えずに腰を回転させることができるのです。

逆に言うと、腰の高さを変えずに上体をひねることができれば、トップでも右ひざの角度はアドレス時と同じものになっています。

ゴルフスイング中にどうしても腰の位置が変わってしまう人は、他の人にクラブのグリップエンドで腰を押してもらい、その高さを変えずにスイングする練習をしてみてください。

関連コンテンツ

ロングアイアンでのゴルフスイングその2

ゴルフスイングで、5番アイアンではリラックスしてアドレスしているのですが、4番アイアンを持つと途端に力んだアドレスになっている人がいます。 このような人はスイングでも同じように力の入ったゴルフス・・・

ロングアイアンでのゴルフスイング

ゴルフ初心者の好きなアイアンは何番ですか?と問われると、多くの人は5番アイアンか7番アイアンと答えると言います。 ゴルフスイングを覚えるために、5番か7番で練習を始めるからそのように答えるようで・・・

ミドルアイアンのゴルフスイングを練習する

ショートアイアンで確実にグリーンを狙えるようになったら、ミドルアイアンのゴルフスイングの練習をします。 ミドルアイアンのゴルフスイングはスウィングの骨格になります。そして、ミドルアイアンのゴルフ・・・