ゴルフスウィングのコツのTOPに戻る

バンカーでのゴルフスイングその1

バンカーショットではボールを直接打つということではありません。

バンカーショットのゴルフスイングで忘れてはならないのが、砂を打つという意識を持つことです。

そして、砂をどの方向に、どの角度で飛ばすかということが大切になってきます。

バンカーでのゴルフスイングでは、サンドウェッジの歯(リーディングエッジ)から打ち込むのではなく、ソールから打ち込むようにしましょう。(この部分の意識が大事です。つい、忘れがちになります。)

リーディングエッジから打ち込むと、ヘッドは砂の中にもぐってしまいます。
その結果、ボールは狙った角度で飛ばないばかりか、「トップ」や「ザックリ」が出て、バンカーショットに失敗してしまうのです。

ソールから打ち込むことによって、ソールが砂の中を滑り、ボールは狙った角度で飛ぶようになるのです。

多少手前に入ったとしても、「ザックリ」などのミスにはつながりにくいと言われています。

バンカーショットのソールから打ち込むゴルフスイングのポイント。

サンドウェッジのソールから打ち込むためには、テークバックからトップにかけてクラブのフェースが常に自分の頭を指すように上げる必要があります。

そのためには、テークバックの初期に左手の甲が空を向くようにします。
そのまま手首を折るようにしながら、フェースが自分の頭を指すようにテークバックしてみます。

バンカーからカップまでの距離が長い時には使えませんが、あごが出ているバンカーショットでは、このゴルフスイングは有効なものになってきます。

鏡を見ながら練習してみると良いと思います。

関連コンテンツ

バンカーでのゴルフスイングその3

バンカーでのゴルフスイングでは、なるべく下半身を使用しないことが大切であると言われています。 右足に体重をかけすぎた場合、テークバック時に身体が右側に流されてしまいます。(どのスウィングも右にス・・・

バンカーでのゴルフスイングその2

バンカーでのゴルフスイングといえば、フェースを開いてアウトサイドインのカット打ちをしている人が多いようです。 しかし、バンカーショットの基本も他のゴルフスイングと同様にスクエアフェースとスクエア・・・