ゴルフスウィングのコツのTOPに戻る

バンカーでのゴルフスイングその2

バンカーでのゴルフスイングといえば、フェースを開いてアウトサイドインのカット打ちをしている人が多いようです。

しかし、バンカーショットの基本も他のゴルフスイングと同様にスクエアフェースとスクエアスタンスにあります。

フェースを目標に対してスクエアにして、そして、フェースは構えた時にフェースの向きが土手よりも高い位置を指しているかを確認することが大切なポイントです。

それでボールの位置は左足かかと前にあるのがいいでしょう。

スタンスは目標に対してスクエアに構えるのですが、左足上がりの足場ではテークバック時にクラブがインサイドに上がりやすくなってしまうので、ピンの左側に目標をとってもいいと思います。

斜面では、斜面に逆らって立つのではなく、肩のラインを斜面に対して平行にして立つことも重要な要素になってきます。

そうしないと、ボールは正しい角度で上がってくれません。

左足上がりの足場では肩は斜面に対して平行にし、左ひざを踏ん張り、左足荷重で構えてみます。

右足荷重であるとテークバックで身体が右に流れてしまい、スウェイしやすくなってしまいます。

クラブを正しく打ち込めば、ボールは正しい角度で飛んでいくはずです。

あごがある場合、あごを怖がってしまうとインパクトが弱く飛距離が落ちてしまったり、「ザックリ」したりします。

低いあごであれば、スクエアフェースとスクエアスタンスでショットをすれば十分バンカーからのリカバリーがなるでしょう。

関連コンテンツ

バンカーでのゴルフスイングその3

バンカーでのゴルフスイングでは、なるべく下半身を使用しないことが大切であると言われています。 右足に体重をかけすぎた場合、テークバック時に身体が右側に流されてしまいます。(どのスウィングも右にス・・・

バンカーでのゴルフスイングその1

バンカーショットではボールを直接打つということではありません。 バンカーショットのゴルフスイングで忘れてはならないのが、砂を打つという意識を持つことです。 そして、砂をどの方向に、どの角度・・・