ゴルフスウィングのコツのTOPに戻る

バンカーでのゴルフスイングその3

バンカーでのゴルフスイングでは、なるべく下半身を使用しないことが大切であると言われています。

右足に体重をかけすぎた場合、テークバック時に身体が右側に流されてしまいます。(どのスウィングも右にスエーするのは良くないことです。)

その結果、インパクト時にクラブヘッドがボールの手前に入ってしまい、「ザックリ」ということになってしまうのです。

バンカーでのゴルフスイングでは、左ひざを踏ん張り、左足に体重をかけるようにすればいいでしょう。

「ザックリ」の多い人はハンドファーストのままインパクトを迎えるイメージを持ってください。

砂が遠くまで飛ぶように、最後まで力を緩めないようにしましょう。

下半身を動かさず、上体をねじる意識を持ち、上体と腕の振りでボールを打つことが大切です。(左肩を廻しこむ感覚です。)

ホームランを恐れて、インパクト時に力を抜いてしまう人がいますが、正しいアドレスをして下半身を動かさないゴルフスイングをマスターすれば、その心配はありません。(ショットを力加減でするのは止めなければいけません。)

ホームランの多い人はボールの位置が右に入りすぎていたり、下半身を使用したりしている人が多いようです。

鏡に向かってチェックしてみてください。

インパクト時はボールの手前にクラブヘッドを落とす必要があります。

その時、ボールの手前何センチに落とさなければならない、と考えているとなかなか上手にできません。

「ザックリ」「トップ」の恐怖があってさらに、ボールの手前何センチにクラブヘッドを落とすという意識のバンカーショットでは、とてもスウィングリズムは作れません。
スウィングポイントを押えて、リズムでショットすれば、バンカーはクリア出来ると思います。

関連コンテンツ

バンカーでのゴルフスイングその2

バンカーでのゴルフスイングといえば、フェースを開いてアウトサイドインのカット打ちをしている人が多いようです。 しかし、バンカーショットの基本も他のゴルフスイングと同様にスクエアフェースとスクエア・・・

バンカーでのゴルフスイングその1

バンカーショットではボールを直接打つということではありません。 バンカーショットのゴルフスイングで忘れてはならないのが、砂を打つという意識を持つことです。 そして、砂をどの方向に、どの角度・・・