ゴルフスウィングのコツのTOPに戻る
「ゴルフスウィングのコツ」トップ >  パターのスウィング > クリーン上でのゴルフスイング・パッティングその2

クリーン上でのゴルフスイング・パッティングその2

パターの練習をするのに、ゴルフ練習場によっては練習グリーンを備えている場所もあります。

ドラーバーもゴルフスイングですが、パットもゴルフスイングの1つとしてとらえ、たまには練習してみましょう。

ゴルフ場のコースには必ず練習グリーンが用意されていますので、コースに出る前に距離感を確認することが大切です。

距離感をつかむための方法は、最初に10メートル、5メートルを打つための振り幅の感触を得ます。

平地での距離感をつかんでしまえば、上りのパッティングであれば「振り幅」を大きくし、下りのパッティングであれば「振り幅」を小さくすれと考えます。

パターの練習は、仕上げには1メートルのショットを30センチほどオーバーさせる練習が効果的であるといわれています。

いつもグリーン上でショートしてしまう人は、1メートルのショットを1メートルオーバーさせる練習をしましょう。
この練習をしておけば、本番ではちょうど30センチオーバーのパッティングができるはずです。

バックスイングとフォロースイングの大きさやスピードが異なっているのは、ストロークが安定していない理由からです。

同じ振り幅で打っているつもりでも、距離は安定しません。

ストロークを安定させるためには、フォローを意識せず、インパクトの瞬間に手とヘッドをアドレスの位置に戻すことを強く心がけましょう。

バックスイングとフォロースイングのスピードを同じにするためには、ヘッドの重さだけで打つような意識を持つことが重要で、日ごろからその練習をしておくことです。

関連コンテンツ

クリーン上でのゴルフスイング・パッティング

良く言われることですが、ドライバーショットも1打であれば、パットも1打として数えます。 ゴルフのスコアを良くするためにはパット数も減らさなくてはなりません。 上がりのパットではしっかり打っ・・・