ゴルフスウィングのコツのTOPに戻る
「ゴルフスウィングのコツ」トップ >  ゴルフスウィング・ドライバー > 低い球筋を生みだすゴルフスイング・ドライバー

低い球筋を生みだすゴルフスイング・ドライバー

ドライバーを打とうとする時、強いアゲインストの風が吹いている時の、ドライバーショットは低い弾道のホールで攻めたいと考えます。

あまり高いボールを打つと、風の影響を受けてしまって飛距離が落ちてしまいます。低い弾道のホールで攻めれば、風の影響が少なくなります。

そのため、できるだけ低い弾道のボールを打てるようにゴルフスイングをしたいものです。

まず、ゴルフスイングにおいて低い弾道のボールを打つためには、ティーアップをボールの3分の1くらい通常よりも低くします。

そしてクラブを短く握り、スタンス幅を通常の状態よりも狭くしてみます。

スタンスを狭くする時には、必ず右足を左に寄せるようにして狭くします。
ただ、漠然とスタンスを狭くするとボールの位置がいろいろと変わってしまい的確なスウィングが出来ません。

ボールの位置が変わってしまうと、スイングの形が変わってしまうため、決して良い結果に結びつきません。

ボールと左足の関係が変化しないように、右足を移動させるのが良いと思います。

スタンスを狭くしたとしても、スイングは通常のスイングを心がけてください。

ティーアップする場所も慎重に選びたいものです。

通常よりもティーアップを低くしますが、自分の足場よりも高い位置にティーアップしてしまうと、低くした意味合いが無くなります。

そのため、低いボールを打ちたい時は、このような場所は避けるべきでしょう。

適当な場所が見つからないなら、より低くティーアップをすることを心掛けたほうがいいでしょう。