ヒーリングで導かれる癒しのTOPに戻る
「ヒーリングで導かれる癒し」トップ >  ヒーリングと種類 > レイキヒーリングの段階的チャレンジ

レイキヒーリングの段階的チャレンジ

レイキヒーリングは、神聖な気に触れるというところから特別な場所に行って受けるものというイメージが強いのですが、実際には自分で実践することができるとされています。

ただ、そうは言っても、誰でもが出来るというものではなく、エネルギーを体の中に取り込むことが出来る回路が開かれている場合、レイキヒーリングが実践できるそうです。

この回路は、私達に潜在的に備わっているものとされているのですが、上手に使えていない人がほとんどでのため、レイキヒーリングを実践するのには、アチューンメントと呼ばれるエネルギーの伝授が必要になります。

アチューンメントは一度受けるだけで、エネルギーを取りこむ力は一生継続するものと言われていますから、アチューンメントを一度やっておくとエネルギーの伝授の態勢ができます。

アチューンメントを受けて、エネルギーを取りこめるようになったら、まずは自分の不調を癒すことにチャレンジする団塊になります。

頭痛や肩凝りなど、ちょっとした体調の変化があった時、その箇所に手を当ててエネルギーを送ります。

頭痛や肩凝りのスポットに手でペタっと触れるのではなく、エネルギーを包むような形にした手で触れるのがコツです。
これは、送り込むエネルギーが手から漏れていかないように包見込むことが大切なようです。

体の不調を癒すレイキヒーリングに慣れたら、気持ちを癒すことにチャレンジするステップになります。

精神的な悩みや苦痛がある時は、頭に手を当てるのが良いようで、胸が詰まる感じや苦しい感じを覚える場合、頭にエネルギーを送った後に胸に手を当てるといいそうですよ。
関連コンテンツ

オーラヒーリング

オーラは、身体を取り巻くエネルギー層の事で私達の周りに必ず現れているものです。 人にはそれぞれ特徴や性格があるように、オーラもその人の個性によって、様々な特徴を持って現れ、その時々の心身の状態に・・・

レイキヒーリングについて

ヒーリングにはレイキヒーリングというものがあり、レイキは「霊気」で表わされます。 このヒーリングの「霊」は、神聖な気と言う意味で、レイキヒーリングの方法は、神聖なエネルギーとつながったものに触れるこ・・・

ヒーリングを学ぶ

ストレス社会と言われる現代では、快適な生活を送るための癒しを求める人も増え、ヒーリングは癒しの方法として話題を集めています。 心や体が持つ本来の健やかな状態を取り戻す手段であるヒーリングは、現代・・・