熱中症の季節のTOPに戻る
「熱中症の季節」トップ >  熱中症の症状 > 猫の熱中症の症状と対策

猫の熱中症の症状と対策

猫が熱中症になった時の症状は、まず元気がなくなり、呼吸が少し速くなっています。
しかしこの症状では、人間と同じで、熱中症の初期症状にはなかなか気づくことができません。

症状が徐々に重くなってくると、目や口の粘膜が赤くなったり、開口呼吸になって非常に苦しそうな状態になります。

呼吸が荒いのを放っておくと、呼吸器系の感染症にかかってしまう危険性もあるので注意が必要です。

このような呼吸が荒くなった状態ですと、体熱が41度以上になっている場合が多いです。
41度を超えてしまうと脳に障害が出る危険性があり、43度を超えると死亡率が一気に高まるので、すぐに病院へ連れて行くことが大事です。

いざという時のためにペット用の体温計を用意しておくと便利です。
嘔吐や痙攣、口から泡を出していたり、ひきつけのような症状が見られる時は、熱中症がかなり重症になっている状態です。
急いで病院に連れて行って、診察してもらってください。

熱中症は人間の時と同様、とても進行が早いので手遅れになるリスクがあります。

熱中症の症状が見られる時の効果的な応急処置があります。

・軽症の場合は、日陰などの涼しい場所で水を飲ませて休憩させます。
・重症だと思われたら体温を下げる必要があるので、アイスパックや氷嚢などを首筋やわきの下、内股などに挟んでやり、ドライヤーや扇風機などで風を送ってあげます。
この時、急激に血管が収縮してしまうといけないので、軽くマッサージをしながら身体を冷やします。

愛するペットの健康は飼い主がきちんと守ってあげなければいけませんね。
関連コンテンツ

熱中症の症状の分類

夏ともなると「熱中症」はよく耳にする症状ではありますが、医学界においては実のところ、非常に分類が難しいものとされています。 そのため症状や緊急性の判断が難しいものとなっています。 普段から熱中・・・

熱中症の症状

熱中症として、日射病になった場合の症状は、脈拍が速くなり呼吸回数が増えます。 日射病にかかると、めまいがして気分が悪くなるので、立っていられなくなることもあり、時には短時間意識を失ってしまうこと・・・