熱中症の季節のTOPに戻る
「熱中症の季節」トップ >  熱中症の罹りやすい状況 > 熱中症にかかりやすくなる気温

熱中症にかかりやすくなる気温

暑い夏、外で活動していると一番心配なのが熱中症です。
熱中症は最悪のケースでは死に至ることもあるので、軽くは考えられません。

熱中症にかかると心配され始めるのは、梅雨明けからで、7〜8月ごろから本格的に熱中症が起こりやすくなると言われています。

気温で見てみると、最高気温が真夏日と言われる30℃を超えたあたりから熱中症の患者が発生し始めます。そして33〜34℃ぐらいになると、熱中症の患者が急速に増加します。

人間の体温は通常36℃ほどで、気温が36℃を超えたときぐらいから、体温調節がうまくできなくなって、熱中症の要注意域になっています。

人間は体温調節がうまくできなくなると、体のあちこちに重大な影響を及ぼし、意識不明になったり言動がおかしくなったりします。

36℃以上の気温の時は、熱中症による死亡者が多発するというデータもあるので、天気予報などを確認し、36℃以上になりそうな時は、きちんと熱中症対策が必要です。

また前日と比較して、急激に気温が上がった時も熱中症が起こりやすいので注意しなければいけません。

このように気温と熱中症は深い関係がありますが、実は熱中症は暑い日や炎天下だけで起こるわけではありません。

熱中症は体温調節機能がうまく働かないと起こるので、体内に熱がこもってしまった場合にも起こる可能性があります。

室内で運動して、汗をかいているのに、湿度が高くて体内から熱がうまく発散できない場合などでも熱中症になることもあります。
このような場合には換気などの対策をして熱をうまく逃がせるようにしてください。
関連コンテンツ

乳幼児の罹りやすい熱中症

地球温暖化の影響もあり、平均気温が35度を超える猛暑日が増えてきたためか、熱中症は10年前と比較して増加しています。 特に子どもは熱中症にかかりやすいので、注意していなければなりません。 ・・・

熱中症に罹りやすい犬

犬は熱中症にかかりやすいペットという認識があります。 犬は寒さには非常に強い動物ですが、暑さに関しては人間の想像をはるかに超えるほど弱い動物です。 犬が暑さに非常に弱い動物とされているのは・・・

熱中症にかかりやすい状況

子どもや高齢者の人が熱中症にかかりやすいということはよく知られていますが、一般成人でも熱中症にかかりやすい状況のときがあります。 まず風邪を引いていたり、下痢をしたりと、体調が優れない時は熱中症・・・

熱中症にかかりやすい男性

熱中症は誰しもがかかる可能性のある症状です。 夏の暑い季節になると、毎年のように熱中症で倒れた人のニュースが流れていますが、男性と女性を比較して、熱中症にかかりやすいのは男性だというデータがあります・・・

熱中症にかかりやすい環境

熱中症は真夏にかかると思っている人もいるかもしれませんが、暑い日でなければ熱中症にかからないというわけでもありません。 まず、熱中症にかかりやすい環境は、梅雨明けしたばかりの時に熱中症にかかる人・・・