熱中症の季節のTOPに戻る

熱中症に罹りやすい犬

犬は熱中症にかかりやすいペットという認識があります。

犬は寒さには非常に強い動物ですが、暑さに関しては人間の想像をはるかに超えるほど弱い動物です。

犬が暑さに非常に弱い動物とされているのは、犬の体が必要以上の体温の低下を防ぐために、肉球以外に汗腺がないからだと言えます。

したがって体温の調節は呼吸器による空気の出し入れだけで行っています。

夏の暑い時期に犬が「はあはあ」と荒い息をしているのはそのような状況を現しています。

犬の飼い主は犬が熱中症にかからないよう、気温の調節を行ってあげる必要があります。

庭で犬を飼っている場合は、犬を繋いでいるロープが、日差しの強い時間に日陰に入れるような長さになっているかどうか、日陰ではどのくらいの気温になっているかなど調べておくことが大事です。

ところが、実際には、室内で飼われている犬が熱中症にかかっていることが多いのです。

熱のこもりやすい室内なのにも関わらず、エアコンのスイッチを入れ忘れて出かけてしまったり、買い物や食事をする間日差しの強い駐車場に止めた車の中に愛犬を入れておいた場合などに、犬が熱中症が起こってしまっているのです。

ひどい熱中症にかかってしまうと、当然、命を失ってしまうリスクが高く、このような不注意は絶対に避けなければいけません。

犬は暑さに弱いのですが、特に、犬の中でも暑さに弱い犬種があります。

鼻の短い短頭種犬と言われる、パグやシーズー、ブルドッグやペキニーズは特に熱中症にかかりやすいと言われています。

短頭犬たちは上あごの奥の部分とのどが近いため呼吸がしづらく、また首の部分が圧迫されているので、のどが狭いから呼吸による体温調節がし難いのです。

また太り気味の犬も呼吸障害がひどくなるので、注意する必要があります。
関連コンテンツ

乳幼児の罹りやすい熱中症

地球温暖化の影響もあり、平均気温が35度を超える猛暑日が増えてきたためか、熱中症は10年前と比較して増加しています。 特に子どもは熱中症にかかりやすいので、注意していなければなりません。 ・・・

熱中症にかかりやすい状況

子どもや高齢者の人が熱中症にかかりやすいということはよく知られていますが、一般成人でも熱中症にかかりやすい状況のときがあります。 まず風邪を引いていたり、下痢をしたりと、体調が優れない時は熱中症・・・

熱中症にかかりやすい男性

熱中症は誰しもがかかる可能性のある症状です。 夏の暑い季節になると、毎年のように熱中症で倒れた人のニュースが流れていますが、男性と女性を比較して、熱中症にかかりやすいのは男性だというデータがあります・・・

熱中症にかかりやすくなる気温

暑い夏、外で活動していると一番心配なのが熱中症です。 熱中症は最悪のケースでは死に至ることもあるので、軽くは考えられません。 熱中症にかかると心配され始めるのは、梅雨明けからで、7〜8月ごろか・・・

熱中症にかかりやすい環境

熱中症は真夏にかかると思っている人もいるかもしれませんが、暑い日でなければ熱中症にかからないというわけでもありません。 まず、熱中症にかかりやすい環境は、梅雨明けしたばかりの時に熱中症にかかる人・・・