熱中症の季節のTOPに戻る

熱中症は猫にも

夏の暑さで熱中症になる人も多いですが、実は熱中症は人間に限ったものでもないのです。

猫や犬などのペットにも熱中症の危険があります。

熱中症は体温調節がうまく機能しないことが原因で起こりますが、では猫はどのようにして体温調節を行っているのでしょうか。
猫の祖先はアフリカ系のリビアヤマネコと言われているので、元々は暑さに強い動物でしょう。

とは言っても、夏の暑さが全く平気というわけではありません。
また猫の平熱は38度と、人間と比較すると2度ほど高くなっています。
しかし猫には汗腺がないので、気温が上がっても人間のように汗をかいて体温を下げるということができません。熱中症にかかる要件は充分備えています。

自分で体温調節ができない分、猫は暑い夏は体力を極力上げないよう、涼しい所でだらりと横になり、時折体を舐めるなどして暑さをしのぎます。

猫は「涼しい所を見つける天才」とも言われています。
そうは言っても、暑い最中に猫を外出させるのは猫にとっては大変なことです。
厳しい暑さの中では日陰でも相当な気温になりますし、都心部などのアスファルトの所では、輻射熱で体感温度が50度近くになるところもあります。

また室内であっても、コンクリートで囲まれたマンションなどは、熱が蓄積されて午後には室内が高温になってしまうことも多いので、室内だからと安心せず、出かける際には窓を開けて風通しを良くしてあげるのが大事です。

特にメインクーンやアメリカンショートヘアなどの人気の猫種は暑さに強くないことは理解しておかねば・・・。
関連コンテンツ

スポーツ活動中の熱中症予防8か条その4

財団法人日本体育協会では熱中症の事故を少しでも減らすために、スポーツ活動中の熱中症予防8か条というものをまとめ、呼びかけを行なっています。 第7条「薄着ルックでさわやかに」 皮膚からの熱の出入・・・

スポーツ活動中の熱中症予防8か条その3

財団法人日本体育協会では熱中症の事故を少しでも減らすために、スポーツ活動中の熱中症予防8か条というものをまとめ、呼びかけを行なっています。 第5条「失った水と塩分取り戻そう」 脱水症状が起こる・・・

スポーツ活動中の熱中症予防8か条その2

財団法人日本体育協会では熱中症の事故を少しでも減らすために、スポーツ活動中の熱中症予防8か条というものをまとめ、呼びかけを行なっています。 第3条「暑いとき、無理な運動は事故のもと」です。 ・・・

スポーツ活動中の熱中症予防8か条その1

財団法人日本体育協会では熱中症の事故を少しでも減らすために、スポーツ活動中の熱中症予防8か条というものをまとめ、呼びかけを行なっています。 熱中症はきちんとした知識を得て、予防すれば防げるものと・・・

高齢者が屋内で熱中症にかかりやすい

高齢者も子どもと同じように熱中症に罹りやすくなっているので注意が必要です。 高齢者は、足腰が弱くなるためか、トイレにいくのを面倒がって、水分をとりたがらない傾向が見られます。 また、高齢者は、・・・

犬の熱中症の症状と対策

犬は暑さにとても弱いので、一番に熱中症にかかりやすいペットです。 犬の飼い主は犬の熱中症の症状と対策をよく知っておくことが大事ですね。 犬は体温調節を呼吸で行なうので、熱中症にかかってしまうと・・・


「熱中症は猫にも」のトップへ↑
「熱中症の季節」のトップへ↑