熱中症の季節のTOPに戻る
「熱中症の季節」トップ >  熱中症の対策 > 犬の熱中症の症状と対策

犬の熱中症の症状と対策

犬は暑さにとても弱いので、一番に熱中症にかかりやすいペットです。
犬の飼い主は犬の熱中症の症状と対策をよく知っておくことが大事ですね。

犬は体温調節を呼吸で行なうので、熱中症にかかってしまうとあえぐような激しい呼吸をし、大量によだれを出す症状をみせます。
犬の熱中症にかかっている見分け方は、口の中の粘膜をチェックし、鮮紅色になっていたら熱中症になっています。

また脈拍が速くなり、体温が40〜41度に上がっていたら熱中症になっているので応急処置が必要です。

血液の混じった嘔吐や痙攣、下痢の症状が出てきたら、もはや危険信号です。そのまま放っておくと心音や血圧が低下して呼吸不全になったり、ショック症状を起こしたりするので、急いで病院へ連れて行かなければなりません。

応急処置ですが、水が飲めるような状態であれば、冷水を飲めるだけ飲ませてあげます。
そして、もっとも大切なのは体を冷やすことですから、風呂場や流しなどで体全体に冷水などをかけて体全体を冷やし、体温を下げてあげます。

しかし熱が下がっても安心はできません。
平気そうに見えても、体内の臓器がダメージを受けていることがあります。必ず病院で受診し、きっちりと回復しているかどうかを診察してもらうことをだいじです。

犬の熱中症予防法としては、室内で飼っている場合は、気温の調節に気を遣うことです。

人間がシャツを一枚着ているぐらいの気温が犬にとってはちょうどいいようです。

屋外で飼っている場合は、日よけなどを用意して日陰を作ってあげる配慮が必要です。

散歩は夏の間は夕方涼しくなってから行くようにします。
普段より散歩時間は短くし、なるべく土や草の上を歩かせてあげるのも大切な配慮です。
関連コンテンツ

スポーツ活動中の熱中症予防8か条その4

財団法人日本体育協会では熱中症の事故を少しでも減らすために、スポーツ活動中の熱中症予防8か条というものをまとめ、呼びかけを行なっています。 第7条「薄着ルックでさわやかに」 皮膚からの熱の出入・・・

スポーツ活動中の熱中症予防8か条その3

財団法人日本体育協会では熱中症の事故を少しでも減らすために、スポーツ活動中の熱中症予防8か条というものをまとめ、呼びかけを行なっています。 第5条「失った水と塩分取り戻そう」 脱水症状が起こる・・・

スポーツ活動中の熱中症予防8か条その2

財団法人日本体育協会では熱中症の事故を少しでも減らすために、スポーツ活動中の熱中症予防8か条というものをまとめ、呼びかけを行なっています。 第3条「暑いとき、無理な運動は事故のもと」です。 ・・・

スポーツ活動中の熱中症予防8か条その1

財団法人日本体育協会では熱中症の事故を少しでも減らすために、スポーツ活動中の熱中症予防8か条というものをまとめ、呼びかけを行なっています。 熱中症はきちんとした知識を得て、予防すれば防げるものと・・・

高齢者が屋内で熱中症にかかりやすい

高齢者も子どもと同じように熱中症に罹りやすくなっているので注意が必要です。 高齢者は、足腰が弱くなるためか、トイレにいくのを面倒がって、水分をとりたがらない傾向が見られます。 また、高齢者は、・・・

熱中症は猫にも

夏の暑さで熱中症になる人も多いですが、実は熱中症は人間に限ったものでもないのです。 猫や犬などのペットにも熱中症の危険があります。 熱中症は体温調節がうまく機能しないことが原因で起こります・・・