熱中症の季節のTOPに戻る
「熱中症の季節」トップ >  熱中症の対策 > スポーツ活動中の熱中症予防8か条その1

スポーツ活動中の熱中症予防8か条その1

財団法人日本体育協会では熱中症の事故を少しでも減らすために、スポーツ活動中の熱中症予防8か条というものをまとめ、呼びかけを行なっています。

熱中症はきちんとした知識を得て、予防すれば防げるものとしています。
スポーツ活動中の熱中症予防8か条を守り熱中症対策をしましょう。
日本体育協会・スポーツ活動における熱中症事故予防に関する研究班「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」

第1条「知って防ごう熱中症」

熱中症の種類は、熱失神、熱疲労、熱けいれん、熱射病の4つの病形があり、特にスポーツを行なっているときには熱疲労と熱射病に注意が必要です。
熱疲労:脱水による症状で、脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などの症状がみられます。大量の汗をかき、水分の補給が追いつかないときの脱水症状です。

熱射病:意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)が特徴で、頭痛、吐き気、めまいなどの前駆症状やショック状態などもみられます。
体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態です。

熱失神:顔面そう白、呼吸回数の増加、唇のしびれなどがみられ、脈は速くて弱い状態です。皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少して起こります。

熱けいれん:暑熱炎天下で長時間の運動をして大量の汗をかく時におこるものです。大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんがおこります。

第2条「あわてるな、されど急ごう救急処置」

熱疲労・熱失神:涼しい場所に患者を運び、衣服をゆるめて寝かせ、水分を補給します。足を高くし、手足を末梢から中心部に向けてマッサージするのも有効です。

熱けいれん:生理食塩水(0.9%)を補給すれば通常は回復します。

熱射病:熱射病の場合は死の危険のある緊急事態です。体を冷やしながら集中治療のできる病院へ一刻も早く運ぶ必要があります。いかに早く体温を下げて意識を回復させるかが予後を左右するので、現場での処置が重要です。

またとっさの場合の応急処置として、水筒の水、スポーツドリンク、清涼飲料水などを口に含み、患者の全身にまんべんなく霧状に吹きかけます。
これらの液体は、冷たい必要はありません。
関連コンテンツ

スポーツ活動中の熱中症予防8か条その4

財団法人日本体育協会では熱中症の事故を少しでも減らすために、スポーツ活動中の熱中症予防8か条というものをまとめ、呼びかけを行なっています。 第7条「薄着ルックでさわやかに」 皮膚からの熱の出入・・・

スポーツ活動中の熱中症予防8か条その3

財団法人日本体育協会では熱中症の事故を少しでも減らすために、スポーツ活動中の熱中症予防8か条というものをまとめ、呼びかけを行なっています。 第5条「失った水と塩分取り戻そう」 脱水症状が起こる・・・

スポーツ活動中の熱中症予防8か条その2

財団法人日本体育協会では熱中症の事故を少しでも減らすために、スポーツ活動中の熱中症予防8か条というものをまとめ、呼びかけを行なっています。 第3条「暑いとき、無理な運動は事故のもと」です。 ・・・

高齢者が屋内で熱中症にかかりやすい

高齢者も子どもと同じように熱中症に罹りやすくなっているので注意が必要です。 高齢者は、足腰が弱くなるためか、トイレにいくのを面倒がって、水分をとりたがらない傾向が見られます。 また、高齢者は、・・・

犬の熱中症の症状と対策

犬は暑さにとても弱いので、一番に熱中症にかかりやすいペットです。 犬の飼い主は犬の熱中症の症状と対策をよく知っておくことが大事ですね。 犬は体温調節を呼吸で行なうので、熱中症にかかってしまうと・・・

熱中症は猫にも

夏の暑さで熱中症になる人も多いですが、実は熱中症は人間に限ったものでもないのです。 猫や犬などのペットにも熱中症の危険があります。 熱中症は体温調節がうまく機能しないことが原因で起こります・・・