乳幼児の育児子育てブログのTOPに戻る

育児・乳幼児の怪我

赤ちゃんも5カ月ごろになると、手に掴んだものを何でも口に持っていくものですから、お母さんには気の抜けない子育てが続きます。 もしも、誤飲した乳幼児はいつもの様子と違います。大泣きして泣きやまなか・・・
赤ちゃんの皮膚は大人の皮膚に比べて、薄くて弱く、やけどをすればすぐに水ぶくれを作ってしまいます。 赤ちゃんや、幼児のやけどは、軽いやけどでもどんどん進行します。赤ちゃんや、幼児がやけどをしたら、・・・
赤ちゃんが誕生6カ月ごろから、自分で動きだし、行動範囲が広がります。 いよいよ、赤ちゃんの動きから目を放せない時期になります。 赤ちゃんはどんな物でも、無防備にさわります。特に、熱いものを触るとた・・・
育児中には、お母さんがちょっと、赤ちゃんから目を離したときに、吃驚するような怪我をします。 赤ちゃんが腕や足をぶつけた場合には、まずは、赤ちゃんの腕や足がいつもどおりに動かせるかを診てください。 ・・・
赤ちゃんが胸やおなかを打ったとき 一時的に意識が薄れて、呼吸するのが苦しそうになります。 まずは赤ちゃんに触れて胸やおなかを打って痛がるところがあるか診て下さい。 それから衣服をゆるめて、楽に呼・・・
赤ちゃんが頭を打った場合 育児中の赤ちゃんにはトラブルがよくおこり、お母さんも吃驚りさせられますが、慌てない対処が必要です。 赤ちゃんが頭を打った時、すぐに赤ちゃんが大声で泣けばひと安心です・・・

カテゴリー「育児・乳幼児の怪我」のトップへ↑