乳幼児の育児子育てブログのTOPに戻る
「乳幼児の育児子育てブログ」トップ > 育児・乳幼児の病気の症状(呼吸器)

育児・乳幼児の病気の症状(呼吸器)

肺炎は、炎症が肺胞と呼ばれる部分にまで及んでしまった病気です。 赤ちゃんの育児でも一番緊張が伴う病気です。 肺炎はかぜをこじらせて咽頭から喉頭、気管支から細気管支、肺というように炎症が進む・・・
赤ちゃんが風邪を引くとこじらせない育児が大事です。 気管支炎から細気管支炎と段々症状が重くなります。 気管支は枝分かれしながら、どんどん細くなっていって、最も細くなった末端部分が細気管支で・・・
育児で赤ちゃんが咳き込んだりすると、心配になります。 赤ちゃんがせきこんだときに考えられる病気の症状の一つが気管支炎です。 気管支炎は、ウイルスや細菌による炎症が気管支にまで進んではれる病・・・
育児をしていて、よくせき込むことがあります。これは赤ちゃんの体の反応で、肺や気管に入った異物を排出しようとするためのせきです。 どんなせきの症状かによって病院に行くか、行かないかを決めます。 ・・・