韓国旅行のための韓国情報のTOPに戻る
「韓国旅行のための韓国情報」トップ >  韓国のイベント > 韓国旅行と韓国の名節「端午」

韓国旅行と韓国の名節「端午」

日本でも5月5日はとして親しまれていますが、韓国の場合は日本の端午とは少し趣きが違います。
というのも、韓国では男の子だけの節句というわけではなく、女性や大人も一緒に祝う日となっているのです。

韓国では毎年5月5日には盛大な「端午祝祭」が開かれますので、旅行の日程をその時期に合わせてみてはいかがでしょうか。
韓国での端午は、田植えが終わる5月という時期に豊作を願い、神様への祭祀を行うといった意味合いで始められたとされています。

現在でも受け継がれている端午の行事では、車輪状になったヨモギ餅を食べたり、伝統歌謡を演じたりすることが挙げられます。

また、行事とは別に端午の日に行う伝統的な遊びもあります。

男の子の場合は「シルム」とよばれる韓国式相撲、女の子の場合は「クネティギ」とよばれるブランコを使った遊びなどがあります。

他には、蹴鞠を使った「チェギチャギ」や「ユンノリ」とよばれる韓国式のスゴロク遊び、板を使って飛び跳ねる「ノルティギ」といった遊びもあります。

このように端午には、様々な遊びをする習慣がありますので、旅行の際は是非楽しんでみてはいかがでしょうか。

また、韓国の端午の日には菖蒲湯で髪を洗うといった習慣があります。
菖蒲は、昔から厄除けとして利用されてきたもので、男性は腰にぶら下げ、女性は髪に留めるといった風習があったようです。

また、韓国の端午の時期には、家の玄関や門にお札をはって厄除けをするようです。
健康、幸福、財運といったお札がありますので、旅行の際のお土産として買って帰るのも良いでしょう。
関連コンテンツ

韓国旅行で韓国の学園祭に出会う

学生にとっての学園祭は、1年のうちで最も重要なイベントだといえますよね。この学園祭ですが、日本では秋口の10月〜11月に行われるものですが、韓国では5月が学園祭のシーズンとなっています。 5月と・・・

韓国旅行と韓国の名節「テボルム」

新年を迎えてから韓国に旅行すると、街中の市場にクルミや栗、松の実、落花生などが売られている光景をみることが出来ます。 これらの食べ物は固いものですから、歯でかじって食べることになりますよね。 ・・・

韓国旅行で見る韓国の泥んこ祭り

韓国のお祭りを目当てに旅行の計画を立てる方も多くいらっしゃいますが、特に人気のお祭りといえば「保寧マッドフェスティバル」が挙げられるでしょう。 保寧マッドフェスティバルは、毎年7月に行われるお祭・・・