京都を楽しむ旅のTOPに戻る
「京都を楽しむ旅」トップ >  京都|洛西・嵯峨野・高雄 > 京都の寺院・金閣寺、等持院

京都の寺院・金閣寺、等持院

足利時代の寺院金閣寺と等持院は京都のどの四季に訪れてもこころに残る寺院です。

【金閣寺】
鹿苑寺(ろくおんじ)の舎利殿が「金閣」と言って、寺院全体を「金閣寺」と通称で呼んでいます。1397年(応永4年)、足利義満によって建てられました。1950年に鹿苑寺「金閣」は放火により炎上(金閣寺放火事件)しています。

金閣を水面に映す鏡湖池を中心とする池泉回遊式庭園で、鏡湖池には葦原島、鶴島、亀島などの島々があります。

京都の修学旅行では金閣寺、清水寺、嵐山が必ずといっていいほどのコースになっています。春は桜に、秋は紅葉に景観は素晴らしいのですが、観光客の多さも凄いです。
あまりに京都の冬は寒いので、紹介されるのが少ないのですが、粉雪が舞い白い金箔が浮く金閣の美しさは、また格別です。

【等持院(とうじいん)】
金閣寺や、立命館大学(衣笠学舎)の近くにあって、静かな等持院には、わが心を問う庭と池があります。

1341年(暦応2)、足利尊氏によって建てられています。初代尊氏から15代義昭まで歴代将軍の木像(5、10代を除く)を安置する霊光殿があります。
夢窓疎石の作と伝えられる庭園は、東の心字池と西の芙蓉池の2つに配置されています。
特に書院から眺める西庭は、衣笠山を借景とし、刈込みや枯滝組を配し、石橋を架けるなど凝った造りになっています。
関連コンテンツ

京都を楽しむ旅・金閣寺・等持院観光で食事

金閣寺・等持院観光で食事をする時の近くのおススメの店 【おむらはうす】(金閣寺より南西3分) オムライスの専門店。14種あるオムライスは、ソースもすべて手作り。京都ならではの山菜と豆腐での珍し・・・