京都を楽しむ旅のTOPに戻る
「京都を楽しむ旅」トップ >  京都|洛中 > 京都を楽しむ旅の「京の手づくり体験・おたべ」

京都を楽しむ旅の「京の手づくり体験・おたべ」

京都を楽しむ旅は「京の手づくり体験」です。
京都市の中京区堺町にある「(有)京のてづくり体験」は、様々な伝統工芸を実際に体験することが出来るように用意されています。
京都を楽しむ旅は京扇子(上絵付け)・和本装丁(四ツ目綴じ製本と肩型絵付け)・漆器加飾(色絵付け)・漆器加飾(蒔絵付け)・金彩友禅(色挿し)のコースの体験になります。しかも全ての京都の伝統工芸を、職人の技法で体験することが出来ます。他ではあまり体験することが出来ないので、京都への旅の機会にはスケジュールを組み込みたいですね。
地下鉄の四条烏丸駅で下車し、堺町通りを北へ5分ほど歩くとあります。(京都では「堺町通りを北へ5分ほどあがると・・」と言います。)営業時間は11:00〜17:00となっています。但し、休みが不定休となっているので、必ず確認してから行くようにして下さい。

京都を楽しむ旅でもうひとつ紹介したいのが、京都市の南区にある「おたべ本館」のてづくり体験です。
京都の菓子で有名なおたべの工場を見学した後に、おたべのてづくり体験をすることが出来ます。生地を粉から作るという本格的な体験が出来ます。
営業時間は、9:00〜6:00までとなっています。体験費用は600円でお休みはありません。
工場見学だけなら無料ですが、出来れば手作り体験をして下さい。
京都を楽しむ旅でこその紹介は、おたべ本館でしか買うことが出来ないお菓子もあることです。京都の観光地や、中心地とは離れてはいますが、ぜひ立ち寄るスケジュールを作って頂きたいたいです。
関連コンテンツ

京都を楽しむ旅は美粧品の「よーじや」

京都の土産品の有名な「よーじや」の本店は、新京極の花遊小路にあります。 よーじやと言えば看板商品である「あぶらとり紙」が有名ですが、よーじやの創業時は「楊枝」と呼ばれる歯ブラシを商いにしていました。・・・