京都を楽しむ旅のTOPに戻る
「京都を楽しむ旅」トップ >  京都を楽しむ > 京都を楽しむポイント

京都を楽しむポイント

京都を何度も訪れたことがある人はご存知だと思いますが、京都は大変混雑します。特に土・日は、普段よりも一層込み合います。
観光地への移動に時間が費やされ、思ったほどには、時間に追われて観光らしい味わいもなく、京都を離れることになることもあります。

京都は季節によって、味わい方も違ってきます。そこで、京都を区分して楽しみます。
子のどの地区も春夏秋冬の趣を持っています。夫々の季節に訪ねたくなるところでもあります。

京都の北の方は、洛北、鞍馬、貴船、八瀬、大原方面、更に比叡山、美山地区。
京都の西地区は、嵐山、嵯峨野、高雄周山、清滝、愛宕、仁和寺、竜安寺、等持院、金閣寺。
さらに洛西方面長岡京、桂離宮・西山
京都の東地区も広いですが、銀閣寺から南禅寺、祇園を経由して清水寺。さらに東に醍醐方面へ
京都の南地区は東福寺から桃山・伏見稲荷、宇治方面。東寺
そして、京都の中心街・洛中に分けます。

それぞれの地区で旅の拠点になるホテル、旅館、民宿、お寺の宿坊を決めます。この区分ですと、1日の行程での観光スポット、食べ物店、土産物店をゆっくり、楽しみながら散策でき、京都の思い出を刻み込めます。

今や、京都の観光名所を巡る交通手段には、注意が必要ですとよく案内されています。まず市バスでは、一日乗車カードというものがありますが、混雑時にはバス停にバスが止まらずにそのまま行ってしまったり、バスが進まないということもあります。
市バスを利用する時には、時間に余裕を持って予定を組むようにしましょうと案内されてもいます。