ガーデニング教室で学ぶのTOPに戻る
「ガーデニング教室で学ぶ」トップ >  ガーデニング教室の内容 > ガーデニング教室の内容について

ガーデニング教室の内容について

ガーデニング教室の内容はいろいろです。それでも、教室の案内は、寄せ植えの教室、オリジナルなプランタ−、ワイヤーバスケット、ハンギングタブローの作る教室が多いです。

一口にガーデニング教室と言っても、種類が多いので、自分が何をしたいのかが予め分かっている方がいいのですが、ガーデニング教室に行って興味を深める場合もあります。

ガーデニング教室では、季節のコンテナ・造園花壇づくり・ハンギングバスケット・ブーケ・リースなどが主な内容となっています。
開催される時期によって使用される花も違うので、どの時期にガーデニング教室に通うのかも大切です。

冬場でも教室は開催されています。

他にも、全くの初心者に向けたガーデニング教室もあります。

こちらでは基本的な土のいじり方から説明してくれるので、これから始めようと思われる方にお勧めです。

結婚式のブーケやクリスマスのリースなど、特別な日に合わせたガーデニング教室もあります。

また、ガーデニングの資格取得講座もあって、ガーデニング教室の内容は、本当に様々です。

ほとんどの教室では、人数に限りがあり予約制となっているようなので、問い合わせて確認が必要です。
関連コンテンツ

ガーデニング教室の費用について

ガーデニング教室を習うにあたって、費用が気になります。 ガーデニング教室は月謝制の教室や一回のみのワンスポットレッスンの教室、何回かで完了するレッスンなど、ガーデニング教室にも様々な形態があります。・・・