宝くじの夢のTOPに戻る

宝くじの当選確立


億万長者続出の行列のできる有名売場からジャンボ宝くじを自宅へお届け!

最近の宝くじは、テレビで盛んに億万長者の出現をアピールしているせいか億万長者が増えているような気がします。

しかし、自分は元より身近なところで高額当選者が出たということを聞くことは殆どないでしょう。

あるジャンボ宝くじでは、1等2億円の当たる確立は1000万分の1、2等1億円の当たる確立は、500万分の1程度であったようです。

これは、売り場によってこの率が変わることは原則的にはありません。宝くじの販売枚数が多ければそれだけ、当選くじの出る確率が他の売り場より多くなるというだけの話です。

宝くじは、バラと連番のどちらでも購入することができます。

当選確率は、バラでも連番でも変わらないようです。

前後賞も含めた高額当選を狙うのであれば、当然連番で購入する方が当選確率は高くなります。

バラで買ったくじの中から、1等と前後賞が全て出る確立はかなり低いのですが、連番で購入した場合には1等が出なければ前後賞に当たる確立は連番より低くなります。

トータルとして見ると、変わらないようです。

宝くじの購入枚数が多ければ多いほど当選確立が上がるということで、最近では複数の人が資金を出し合って、宝くじを購入する人々が増えています。

複数で購入していますので当選金は分配することになりますので、10人で買えば1億円当たると1000万円ずつの分配となります。

1億円を一人で使いたいのであれば個人で購入することになり、1000万円でもいいのでとにかく当選したいと考える人は複数人で購入してみると良いでしょう。

また複数で購入した場合、手続きをする際にきちんとしておかないと、後々税金がかかってくることもありますので、手続きは念入りにしておくのがよいのですが・・・・。

複数で購入する場合には、売り場にも全員で行き換金にも全員で行くようにすると良いようです。

「宝くじの当選確立」のトップへ↑
「宝くじの夢」のトップへ↑