運気アップの方法のTOPに戻る
「運気アップの方法」トップ >  運気アップの方法 > 運気アップの前に厄払い

運気アップの前に厄払い


運気アップよりも身の廻りの厄払いをした方が良い状況の時があります。
運気アップに良いと言われる方法をいくら行っても効果が感じられない時、ちょっとしたことで、廻りの人に誤解を与えてしまう時とか、ストレスを解消しようとしても、イライラが溜まって、少しも上手く事が運ばないときなどです。

厄払いをすると、開運して、まずは家庭円満になり、人間関係がよくなるとされますから、運気アップの効果が見られない時には、お祓いを受けてみます。

お祓いにはいくつかの方法があるのですが、イメージとしては、霊験あらたかとされるのが神社などでのご祈祷が思いつきます。

しかし、もっと手軽に出来るのが、お清めの塩を使います。
お清めの塩は古来から行われてきており、厄を払って運気アップに効果的で、幸せを運んでくるといわれます。

やり方は小皿に塩を盛って玄関に置く盛塩ですが、この盛塩は部屋の隅に置いても効果があると言われます。それでも、調子が出ないなと思った時には自分の体に振り掛ければ厄を落としてくれます。

また、嫌なことがあった場合には、紙に”嫌なこと”を書いて破り捨てるといった方法も気分がスッキリし、嫌なことが吹っ切れます。

悪い運気を持った持ち物を新調するのも厄落としです。
金運が下がってきている原因には、古い財布を使っていることにあるとも言われます。

財布にも寿命があって、古い物をいつまでも使うことはそれだけ厄が付いており、目安として3年毎に買い換えるのが金運を上げるコツだそうですから、定期的に買い換えるのも運気アップの方法とされます。

運気アップのグッズを取り揃えるのも良いのですが、まずは、厄を落としてから良い運を引き寄せやすい状況を作っておくことも大切なのかも知れません。
金運盛塩セット 八角錐の盛塩が簡単に作れる 美濃焼の金運グッズ(開運グッズ)金色の盛り塩セッ...
関連コンテンツ

運気アップの方法

運気アップの方法についての情報にはさまざまなものがあります。 運気アップというと、まず、家相や、墓相などのことがイメージされて、とても知識がないと行えないようにお思い込み勝ちです。 しかし・・・