運気アップの方法のTOPに戻る

運気アップと風水


運気のアップで注目され、大きな評判を呼んでいるのが風水です。
風水の発祥は古く、中国の漢時代と言われています。

風水は「気」の流れであり、その土地の建物や位置や方向から運気をアップする方法を探求することから、日本でもとても盛んに使われています。

日常の生活する環境に意識して手を加えれば豊かで幸せな家庭になるとされていますから、風水の至言に基づいて住まいのインテリアを整えると、運気アップが図れるとして高い人気があります。

環境に対して、風水は方角と色彩で、「東の赤、西に黄色」が運気アップの代表的なものになります。

これは太陽の昇る東側に赤い物を置くと健康運が、日の沈む西は収穫を意味する方角であり、黄色を置くと金運がよくなるとされていて、気の流れを良くして運気を上げてくれるという摂理です。

風水に従うと、とてもいろいろな効果があって、先方角と色彩以外にも、玄関、寝室、子供部屋、お風呂やトイレなど、住宅のポイントになるところ全ての場所に風水術があります。

どのような目的の部屋なのか、方角やドア・窓の位置などから最も効果の高い方法を施すことで願いが叶い、悩みも解消される風水術があるとされます。

風水は健康運や金運以外にも、恋愛運や仕事運などにも有効で、運気アップには欠かせません。

風水には風通しや日当たりにも気を配り、いつも掃除を忘れずにいることも大切と説きます。空気を滞留させることを嫌います。

物が出しっぱなしで散らかった部屋には幸運も寄り付きにくいとされていますから、小まめに掃除する習慣が必要です。

きれいな部屋は、風水で言う気の流れを良くして、幸運を呼び寄せることに繋がります。その結果運気アップが図られるようです。
関連コンテンツ

運気アップさせる気持ちと住まい

運気をアップし、幸運に恵まれた生活を願うのであれば、自分の身の廻りの住まいや気持ちの有り方にも目を向けて見てください。 風水では自分の身の廻りの住まいや気持ちの有り方の中に運気が悪くなる原因・・・

運気アップの風水カラー

運気アップとして、風水で取上げられるのが「色と方角」であることは良く知られています。 方角と色が結びつくと気の流れがアップし、運気を強めるとされていて、方角に合った色が幸運を引き寄せル事が出・・・