迷惑メール対策情報のTOPに戻る

迷惑メールの種類

迷惑メールの代表格は「宣伝目的でクリックさせるメール」を指すことが多いのですが、その他にもいくつかの手法を使った迷惑なメールがあります。

例えばこのようなメール。「この間は楽しかったですね。また今度、ヒマなときに会いませんか?」

このメールには宣伝文も無く、クリックする場所もありません。
「…ということは迷惑メールではなく、これは誰か自分の知り合いから来たメール?」と勘違いして、「誰?」などと返信してしまうと、適当な返事と一緒にURLの仕込まれたメールが届く仕組みになっています。

これは「返信させる迷惑メール」という枠に入ります。

2通目のメールを受けてクリックする率はかなり少ないのですが、それよりも「返信した」ことであなたのメールアドレスが有効であることを相手は知って、それを他の業者に売って利益を得る場合があります。

このような「返信させる」とかあるいは電話番号を載せて「電話させる」タイプの迷惑なメールもあります。

株に関して、「○○株は×月×日に株価が上がります」という情報を大量に流しておいて、見向きもされないような低価格の○○株を大量に買います。

大量買いで株価が急騰したため、「情報は本当だ」と信じてその株を買う人たちが出てきます。

こうして株価操作をして時期を見計らって「売り抜け」をして儲ける、というのが目的です。

つまり、メールを使って巧妙に仕組んだ情報を流して利益を得る種類の迷惑メールです。

迷惑メールには、このようにクリックさせる、返信させる、電話させる、情報を流して行動を起こさせる、などの種類があります。

受取った側としては、行動を起こさせる目的に対して「何もしない」ということが大事になってきます。