迷惑メール対策情報のTOPに戻る
「迷惑メール対策情報」トップ >  迷惑メールフィルター > 迷惑メール対策〜フィルター機能〜

迷惑メール対策〜フィルター機能〜

インターネットでOutlook Express(OE)は現在最も利用者が多いとされています。

Outlook Expressのメールフィルターはその疑いのあるメールを受信すると「迷惑メールフォルダ」に移動させて普通の正常なメールと区別してくれ、この振り分け作業をフィルタリングといいます。

使う側としてはメールチェックが楽になりますから便利ですが、通常は正常とされているメールがたまに迷惑メールフォルダに入ってしまうこともあって、フィルタリングに100%頼るわけにもいかないのが実情です。

Outlook Expressの場合、このメールフィルターは既に有効となってフィルタリングしてくれますが、その場合フィルタリングする判定基準は「低」に設定されています。

「低」に設定したレベルは「どうみても迷惑なメールだ」と判定されたメールを振り分ける程度です。

このフィルタリングのレベルを「高」に設定しなおすと、「正常なメールも迷惑メールフォルダに入って見逃してしまい困った」という事も度々起こることになります。

レベルを「高」に設定して迷惑メールフォルダをチェック無しでバッサリ削除するのは避けなければいけません。

フィルター機能には2種類あります。
1)ルール型フィルター:ユーザーが迷惑なメールと判定するルールを決めてそれに沿って振り分けていくタイプ。
2)学習型フィルター:過去の迷惑なメールの傾向を分析してそれをもとに判定して振り分けていくタイプ。

一番利用者が多いOutlook Expressはルール型フィルターを搭載していますが、昨今の巧妙な迷惑メールへ対応するには少し使いづらくなっているのが現状です。
関連コンテンツ

迷惑メールフィルター〜ルール型〜

Outlook Expressは現在もっとも多く利用されている無料のメールソフトです。 Outlook Expressに搭載されている迷惑メールフィルターは「ルール型フィルター」になります。 「ル・・・